カート・ローゼンウィンケル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
カート・ローゼンウィンケル
Kurt Rosenwinkel.jpg
基本情報
出生名 Kurt Rosenwinkel
生誕 (1970-10-28) 1970年10月28日(47歳)
アメリカ合衆国ペンシルベニア州フィラデルフィア
ジャンル ジャズフュージョン
職業 ギタリストミュージシャン
公式サイト http://www.kurtrosenwinkel.com/

カート・ローゼンウィンケル(Kurt Rosenwinkel, 1970年10月28日 - )はアメリカ合衆国ジャズギタリスト

来歴[編集]

1970年10月28日にペンシルベニア州フィラデルフィアで生まれる。その後、バークリー音楽大学に入学し約2年半在籍するがゲイリー・バートンのツアーのサポートメンバーとして誘われ、そのまま活動拠点をニューヨークへ移しプロとしてのキャリアをスタートさせた[1]。その後、ローゼンウィンケルはブルックリンに移った。

1990年からジャズ・カルテット「ヒューマン・フィール(Human Feel)」に参画した。

1994年にニューヨーク市グリニッチ・ヴィレッジ地区に開店したジャズクラブ「スモールズ(smalls)」を拠点とするようになり、マーク・ターナー英語版と本格的に共同作業を行うようになった。初リーダー・アルバム『East Coast Love Affair』(1996年)は、このクラブにおけるライヴ録音である。

1995年、全米芸術基金(National Endowment for the Arts)から作曲賞を受賞し「ヴァーヴ・レコード」と契約した。その作曲能力を発揮した『ジ・エネミーズ・オブ・エナジー』は1996年11月に録音されたが、2000年まで発表されなかった。この期間に「インパルス!」レーベルのもとで録音された『アンダー・イット・オール』も、レーベルの統合・整理の騒動にまきこまれて未発表のままとなっている。

1999年、ブライアン・ブレイド&ザ・フェロウシップのギタリストであったジェフ・パーカーに代わって同バンドに加入して『パーセプチュアル』(2000年)を制作した。2000年、盟友マーク・ターナーと共にメッタ・クインテット(Metta Quintet)に参画した。

Qティップと知り合ったローゼンウィンケルは、ドラムサンプルの提供を受けながら協働してコンピュータ(DAW)上で作曲するようになり、アルバム『ハートコア』(2003年)を制作した。(Qティップのアルバム『The Renaissance』(2008年)にも参加した。)しかし『ハートコア』の制作後は、しばらくアコースティックな作曲に回帰する。

『レメディ:ライブ・アット・ヴィレッジ・バンガード』(2008年)は、盟友マーク・ターナーをフィーチャーしたアコースティックなライヴ・アルバムとなっており、ターナーが作曲した曲が1曲("Myrons World")含まれている。(それ以外の曲はすべてローゼンウィンケルが作曲した。)

2013年、エリック・クラプトンが主催した「クロスロード・ギター・フェスティヴァル」に招聘され、ジャンルを超えた存在感を示した。

『カイピ』(2017年)は久しぶりにデジタル多重録音を駆使して制作されたが、さりげなくブラジル風のアルバムに仕上げられている。このアルバムにはエリック・クラプトンも参加している。

ドイツベルリンに在住。ハンス・アイスラー音楽大学ベルリンで教鞭もとっていたが、2016年に辞した。

ディスコグラフィ[編集]

リーダー作品[編集]

  • カート・ローゼンウィンケル・トリオ名義, East Coast Love Affair(1996年7月録音)(Fresh Sound New Talent) 1996年
  • ジ・エネミーズ・オブ・エナジー - The Enemies of Energy(1996年11月録音)(自主制作→Verve) 2000年
  • アンダー・イット・オール - Under It All(1997年もしくは1998年録音)(Impulse!) 未発表
  • カート・ローゼンウィンケル・カルテット名義, Intuit(1998年8月録音)(Criss Cross) 1998年
  • ザ・ネクスト・ステップ - The Next Step(2000年録音)(Verve) 2001年
  • ヤコブ・ダイネセンらと共同名義, Everything Will Be Alright(2002年8月録音)(Stunt) 2002年
  • ハートコア - Heartcore(2001年~2003年録音)(Verve) 2003年
  • ディープ・ソング - Deep Song (Verve) 2005年
  • レメディ:ライブ・アット・ヴィレッジ・バンガード - The Remedy: Live at the Village Vanguard (ArtistShare/Wommusic) 2008年 (2CD ライヴ)
  • カート・ローゼンウィンケル・スタンダーズ・トリオ名義, リフレクションズ - Reflections (Wommusic) 2009年
  • カート・ローゼンウィンケル&OJM名義, アワー・シークレット・ワールド - Our Secret World (Wommusic) 2010年
  • スター・オブ・ジュピター - Star of Jupiter (Wommusic) 2012年(2CD)
  • カイピ - Caipi (Heartcore Records) 2017年

ヒューマン・フィールの作品[編集]

(アンドリュー・ダンジェロ、クリス・スピード英語版ジム・ブラック英語版カート・ローゼンウィンケル

  • Scatter (GM) 1991年
  • Welcome to Malpesta(1994年4月録音)(New World) 1994年
  • Speak to It (Songlines) 1996年
  • Galore(2006年6月録音)(Skirl) 2007年
  • Party Favor (CD Baby) 2016年

ブライアン・ブレイド&ザ・フェロウシップの作品[編集]

メッタ・クインテットの作品[編集]

ジョージ・コリガン英語版、ジョシュア・ギンズバーグ、カート・ローゼンウィンケル、マーク・グロス、マーク・ターナー英語版

  • Going To Meet The Man (Koch Jazz) 2002年

ゲスト参加[編集]

  • 1990年 - ミモ・カフィエロ・カルテットの作品に参加, Moon and Twenty Five (Splasc(h))
  • 1992年 - ゲイリー・バートンの作品に参加, シックス・パック - Six Pack (GRP)
  • 1993年 - シェイマス・ブレイク英語版の作品に参加, The Call (Criss Cross Jazz 1094 CD)
  • 1994年 - マーク・ターナー英語版の作品に参加, Yam Yam (Criss Cross Jazz 1160 CD)
  • 1994年 - ポール・モチアン&ザ・エレクトリック・ビバップ・バンドの作品に参加, Paul Motian and the Electric Bebop Band (JMT)
  • 1995年 - ワンス・ブルーの作品に参加, ワンス・ブルー - Once Blue (Capitol)
  • 1995年 - ペリコ・サンビート英語版の作品に参加, Ademuz (Fresh Sound)
  • 1996年 - ポール・モチアン&ザ・エレクトリック・ビバップ・バンドの作品に参加, Reincarnation of a Love Bird (JMT)
  • 1996年 - ポール・モチアン&ザ・エレクトリック・ビバップ・バンドの作品に参加, Flight of the Blue Jay (Winter & Winter)
  • 1996年 - ラリー・ゴールディングスの作品に参加, Big Stuff (Warner Bros.)
  • 1997年 - クリス・チーク英語版・カルテットの作品に参加, I Wish I Knew (Fresh Sound)
  • 1998年 - ミーロン・ウェルデン英語版の作品に参加, Like a Flower Seeking the Sun (NYC)
  • 1998年 - クリス・ポッター・カルテットの作品に参加, Vertigo (Concord)
  • 1998年 - ポール・モチアン&ザ・エレクトリック・ビバップ・バンドの作品に参加, Play Monk and Powell (Winter & Winter)
  • 1998年 - マーク・ターナーの作品に参加, In This World (Warner Bros.)
  • 1998年 - ヨッケン・リュッカートの作品に参加, Introduction (Jazzline)
  • 1999年 - シェイマス・ブレイクの作品に参加, Stranger Things Have Happened (Fresh Sound)
  • 1999年 - ジョージ・コリガンの作品に参加, Unresolved (Fresh Sound)
  • 1999年 - ヤコブ・ディネセン・カルテットの作品に参加, Around (Stunt)
  • 1999年 - クリス・チークの作品に参加, Vine (Fresh Sound)
  • 1999年 - マーク・ターナーの作品に参加, バラード・セッション - Ballad Session (Warner Bros.)
  • 1999年 - マーシー・プレイグラウンドの作品に参加, Shapeshifter (Capitol)
  • 1999年 - ティム・ヘイガンズ英語版&ボブ・ベルデンの作品に参加, Animation/Imagination (Blue Note)
  • 1999年 - ジル・セイファースの作品に参加, The Waiting (Fresh Sound)
  • 1999年 - ザ・マイルス・ドナヒュー・クインテッドの作品に参加, In The Pocket (Amerigo)
  • 2000年 - ノア・ベッカーの作品に参加, Where We Are (iTunes)
  • 2000年 - ワックス・ポエティックの作品に参加, Wax Poetic (Atlantic)
  • 2000年 - ダニーロ・ペレスの作品に参加, Motherland (Polygram)
  • 2000年 - マティアス・ルプリ・グループの作品に参加, Same Time Twice (Summit)
  • 2000年 - Kamaal Fareed名義のQティップの作品に参加, Kamaal the Abstract (Battery)
  • 2000年 - レベッカ・マーティン英語版の作品に参加, Middlehope (Fresh Sound)
  • 2001年 - マット・ペンマン英語版の作品に参加, The UnQuiet (Fresh Sound)
  • 2001年 - バーニー・マッコールの作品に参加, Release the Day (Transparent Music/Jazzhead)
  • 2001年 - マーク・ターナーの作品に参加, Dharma Days (Warner Bros.)
  • 2002年 - Jorg Kaaij・クインテッドの作品に参加, Downtown Daze (Jazz 'N Pulz)
  • 2002年 - Kris Bauman・カルテットの作品に参加, Kris Bauman Quartet Featuring Kurt Rosenwinkel (Fresh Sound)
  • 2002年 - フィル・グレナディアの作品に参加, Playful Intentions (Fresh Sound)
  • 2003年 - エリ・デジブリ・カルテットの作品に参加, In the Beginning (Fresh Sound)
  • 2003年 - ペリコ・サンビートの作品に参加, Friendship (ACT)
  • 2005年 - チャーリー・ピーコックの作品に参加, Love Press Ex-Curio (Runway Network)
  • 2005年 - ジョシュア・レッドマン・エラスティック・バンドの作品に参加, モメンタム - Momentum (Nonesuch) (#9. ""Swunk"")
  • 2006年 - バーニー・マッコールの作品に参加, Mother of Dreams and Secrets (Jazzhead)
  • 2006年 - アーロン・ゴールドバーグ英語版の作品に参加, Worlds (Sunnyside)
  • 2006年 - ジョエル・ミラーの作品に参加, Mandala (Effendi)
  • 2007年 - バーニー・マッコールの作品に参加, フラッシュバックス - Flashbacks (Extracelestial Arts/PONY CANYON)
  • 2007年 - Charlier/Sourisseの作品に参加, Heritage (O+ Music)
  • 2007年 - ダニエル・サボー・トリオの作品に参加, Frictions (Warner Bros.)
  • 2008年 - ヤコブ・ブロ英語版の作品に参加, The Stars Are All New Songs (Loveland)
  • 2008年 - Qティップの作品に参加, Renaissance (Universal Motown)
  • 2009年 - ブライアン・ブレイドの作品に参加, ママ・ローザ - Mama Rosa (Verve Forecast)
  • 2009年 - ロマン・オットの作品に参加, Seeing People (Fresh Sound)
  • 2009年 - ジェイソン・リンドナーの作品に参加, Now vs. Now (Anzic)
  • 2009年 - アラン・アパローの作品に参加, Flood Gate (Stunt)
  • 2011年 – Various artistの作品に参加, Disney Jazz Volume 1 Everybody Wants to Be a Cat (Walt Disney)
  • 2012年 – ジュリアン・ショアの作品に参加, Filaments (CD Baby)
  • 2012年 - ドナルド・フェイゲンの作品に参加, サンケン・コンドズ - Sunken Condos (Reprise)
  • 2012年 - Carolina Brandes' O.M.P.の作品に参加, Flowers of the deeper soil (iTunes/CD Baby)
  • 2012年 - Iris Ornigの作品に参加, No Restrictions (Self released)
  • 2013年 - ウンベルト・エーコの作品に参加, Elevator Dubs (Enja)
  • 2013年 - エリック・クラプトンの作品に参加, クロスロード・ギター・フェスティヴァル 2013 - Crossroads Guitar Festival 2013 (Rhino)
  • 2014年 - アーロン・ゴールドバーグの作品に参加, ザ・ナウ -The Now (Sunnyside)
  • 2014年 - ロマン・オットの作品に参加, If You Lived Here You'd Be Home By Now (Fresh Sound)
  • 2014年 - キーラ・ゲイリーの作品に参加, Desert Road (Self released)
  • 2014年 – ルォー・ユー・チェン英語版の作品に参加, Stranger (Sony)
  • 2014年 - オリヴィア・トルンマードイツ語版の作品に参加, Fly Now (Contemplate)

アレンジ[編集]

  • 1999年 ギレルモ・クライン, Los Guachos II (Sunnyside)

プロデュース[編集]

テレビ出演[編集]

  • 2005年 - SOLOS: the jazz sessions (Bravo! Canada)

脚注[編集]

  1. ^ 四浦研治 「カート・ローゼンウィンケル」『Jazz The New Chapter』1、柳樂光隆、シンコーミュージック2014年、90頁。

参考文献[編集]

  • 四浦研治「カート・ローゼンウィンケル」『Jazz The New Chapter』柳樂光隆編 シンコーミュージック 2014年 ISBN 978-4401639526
  • Suzuck「新世代ジャズメン紹介 カート・ローゼンウィンケル」『ジャズ批評』2015年11月号 No.188

外部リンク[編集]