ジョン・ハーシー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
John Hersey
ジョン・ハーシー
Johnhersey.jpg
1958年撮影
誕生 John Richard Hersey
1914年6月17日
中華民国の旗 中華民国 天津
死没 (1993-03-24) 1993年3月24日(満78歳没)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 フロリダ州キーウェスト
職業 小説家ジャーナリスト
主題 小説、ノンフィクション
代表作 ヒロシマ英語版』(1946年)
主な受賞歴 ピューリッツァー賞 小説部門
(1945年、『アダノの鐘』)
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

ジョン・リチャード・ハーシーJohn Richard Hersey1914年6月17日 - 1993年3月24日)は、アメリカ合衆国ジャーナリスト小説家原爆投下直後の広島での取材をまとめたルポ「ヒロシマ英語版」で知られる。

来歴[編集]

中国天津生まれ[1]。父親は宣教師で、両親は現地でYMCAの活動をしていた。10歳の時にアメリカに帰国、イェール大学ケンブリッジ大学に学ぶ。1936年に卒業後、シンクレア・ルイスの秘書兼「タイム」の海外特派員となる[2]第二次世界大戦中、特派員として欧州やアジア各地を転々とした。1944年6月17日付けの「ザ・ニューヨーカー」に、ジョン・F・ケネディ(当時アメリカ海軍大尉)の父ジョセフ・P・ケネディの依頼でジョンの英雄譚を執筆している。

1944年、イタリアでの経験を基にした小説「アダノの鐘」を発表、1945年にピューリッツァー賞 小説部門を受賞した。

1946年、原爆投下直後の広島での取材をまとめたルポ「ヒロシマ英語版」を「ザ・ニューヨーカー」に発表、大きな反響を得る[3][4][5]。「ヒロシマ」は、アメリカでは学校の社会科の副読本として長きに渡り広く読み続けられ、また、20世紀アメリカジャーナリズムのTOP100の第1位に選出されている。

1993年3月24日、78歳で死去[5]

主な著作[編集]

  • 「バターンの人々」(Men on Bataan, 1942年)
  • 「渓谷へ」(Into the Valley, 1943年)
  • 「アダモの鐘」(A Bell for Adano, 1944年) - 1945年に映画化。
  • ヒロシマ英語版」(Hiroshima, 1946年)
  • 「壁」(The Wall, 1950年)
  • The Marmot Drive, 1953年
  • 「ただ一つの石」(A Single Pebble, 1956年)
  • 「戦争を愛する者」(The War Lover, 1959年) - 1963年、『戦う翼』として映画化。
  • The Child Buyer, 1960年
  • Here to Stay, 1963年
  • White Lotus, 1965年
  • 「歩くには遠すぎる」(Too Far To Walk, 1966年)
  • Under the Eye of the Storm, 1967年
  • The Algiers Motel Incident, 1968年
  • Letter to the Alumni, 1970年
  • The Conspiracy, 1972年
  • 「もっとスペースを!」(My Petition for More Space, 1974年)
  • The Walnut Door, 1977年
  • Aspects of the Presidency, 1980年
  • The Call, 1985年
  • Blues, 1987年
  • Life Sketches, 1989年
  • Fling and Other Stories, 1990年
  • 「アントニエッタ、愛の響き」(Antonietta, 1991年)
  • Key West Tales, 1994年

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ John Hersey - books.google.com
  2. ^ Brennan, Elizabeth A.; Clarage, Elizabeth C. (1999). Who's Who of Pulitzer Prize Winners. Greenwood Publishing Group. p. [要ページ番号]. ISBN 1-57356-111-8. https://books.google.com/books?id=63nvmt4HqTEC&pg=PA494&lpg=PA494&dq=%22john+hersey%22+cambridge+university. 
  3. ^ John Hersey, American Society of Authors and Writers”. 2016年8月27日閲覧。
  4. ^ Raphael, Caroline (2016年8月22日). “How John Hersey's Hiroshima revealed the horror of the bomb”. Magazine (BBC News). http://www.bbc.com/news/magazine-37131894 2016年8月27日閲覧。 
  5. ^ a b Obituary of John Hersey”. The New Yorker (1993年4月5日). 2016年8月27日閲覧。

外部リンク[編集]