川岸令和

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
川岸 令和
かわぎし のりかず
人物情報
生誕 1962年????
日本の旗 日本 大阪府
死没 (2022-08-01) 2022年8月1日(60歳没)
出身校 イェール大学
早稲田大学
大阪教育大学附属高等学校天王寺校舎
学問
研究分野 憲法学
公法学
研究機関 早稲田大学政治経済学術院
学位 J.S.D.(イェール大学・2004年)
LL.M.(イェール大学・1993年)
政治学修士(早稲田大学・1989年)
政治学士(早稲田大学・1987年)
学会 アメリカ政治学会
日本政治学会 など
脚注
テンプレートを表示

川岸 令和(かわぎし のりかず、1962年 - 2022年8月1日)は、日本法学者。専門は憲法早稲田大学政治経済学術院長、政治経済学部長、法務研究科教授を歴任。新司法試験委員。

経歴[編集]

大阪府出身。大阪教育大学附属高等学校天王寺校舎卒業。早稲田大学政治経済学部在学中の1986年に司法試験に合格し、1987年に卒業。同大学大学院政治学研究科に進学し、1989年から同大学政治経済学部助手。1992年からフルブライト奨学生としてイェール大学ロースクールに留学し、1993年にLL.M.を取得する。帰国後、1995年に早稲田大学政治経済学部専任講師、1997年に同学部助教授、2002年に同学部教授。2004年イェール・ロースクールでJ.S.D.を取得。同年4月より早稲田大学大学院法務研究科教授を兼任。

2018年9月から2021年1月まで早稲田大学政治経済学術院長、政治経済学部長を務めた[3]

日本公法学会、日米法学会、比較法学会、宗教法学会、政治思想学会、日本政治学会、アメリカ学会、American Political Science Association の各学会に所属する。

2019年4月に新元号令和」が発表された際は同名ということから注目を浴びた[4]

2022年8月1日、死去。60歳没[3]

著書[編集]

共著
  • 『憲法』新版(青林書院、2005年)
  • 飯島昇藏)『憲法と政治思想の対話 - デモクラシーの広がりと深まりのために』(新評論、2002年)
編集

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 川岸 令和 (Norikazu Kawagishi) - 書籍等出版物 - researchmap”. researchmap.jp. 2021年11月5日閲覧。
  2. ^ 川岸 令和 教授(KAWAGISHI Norikazu)” (日本語). 早稲田大学 政治経済学術院. 2021年11月5日閲覧。
  3. ^ a b “早大教授の川岸令和氏死去”. 時事ドットコム. 時事通信社. (2022年8月5日). https://www.jiji.com/sp/article?k=2022080500749 2022年8月5日閲覧。 
  4. ^ 早稲田大学入学式後にサプライズ「先生が元号に」 川岸教授の名前が話題に”. 高田馬場経済新聞. 2020年7月1日閲覧。


先代
須賀晃一
早稲田大学政治経済学術院長
2018年 - 2021年
次代
齋藤純一