飯島昇藏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

飯島 昇藏(いいじま しょうぞう、1951年9月20日[1] -2017年3月17日 )は、日本の政治学者、早稲田大学政治経済学術院教授。早稲田大学政治経済学部学部長(2006年-2010年)を経て早稲田大学図書館館長、日本政治学会理事。専門は、政治哲学、国際政治思想史。

来歴[編集]

千葉県出身[1]千葉県立木更津高等学校卒業後、早稲田大学政治経済学部に入学。藤原保信門下。同大学卒業後、シカゴ大学で博士号取得。

著書[編集]

単著[編集]

編著[編集]

  • 『両大戦間期の政治思想』(新評論, 1998年)

共編著[編集]

  • 小笠原弘親)『政治思想史の方法』(早稲田大学出版部, 1990年)
  • 藤原保信)『西洋政治思想史(1・2)』(新評論, 1995年)
  • 千葉眞佐藤正志)『政治と倫理のあいだ――21世紀の規範理論に向けて』(昭和堂, 2001年)
  • 川岸令和)『憲法と政治思想の対話――デモクラシーの広がりと深まりのために』(新評論, 2002年)
  • (佐藤正志・太田義器)『現代政治理論』(おうふう、2009年)

訳書[編集]

  • レオ・シュトラウス『ホッブズの政治学』(みすず書房, 1990年)
  • D・バウチャー, P・ケリー編『社会契約論の系譜――ホッブズからロールズまで』(ナカニシヤ出版, 1997年)
  • ディヴィッド・トレンド編『ラディカル・デモクラシー――アイデンティティ、シティズンシップ、国家』(三嶺書房, 1998年)
  • デイヴィッド・アーノルド『環境と人間の歴史――自然、文化、ヨーロッパの世界的拡張』(新評論, 1999年)
  • デイヴィッド・バウチャー, ポール・ケリー編『社会正義論の系譜――ヒュームからウォルツァーまで』(ナカニシヤ出版, 2002年)
  • イアン・クラーク, アイヴァー・B・ノイマン編『国際関係思想史――論争の座標軸』(新評論, 2003年)
  • レオ・シュトラウス『僭主政治について(上・下)』(現代思潮新社, 2006年-2007年)
  • スティーヴン・ムルホール、アダム・スウィフト『リベラル・コミュニタリアン論争』(勁草書房, 2007年)

脚注[編集]

  1. ^ a b 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.296