加藤哲夫 (法学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

加藤 哲夫(かとう てつお、1949年6月16日[1] - )は、日本法学者弁護士。専門は倒産処理法、民事訴訟法。前早稲田大学大学院法務研究科教授東京都渋谷区出身。指導教授は櫻井孝一[2]

来歴・人物[編集]

東京都出身[1]。1968年東京都立青山高等学校卒業、1972年早稲田大学第一法学部卒業、1977年早稲田大学大学院法学研究科博士課程単位取得退学、1977年早稲田大学法学部専任講師、1979年早稲田大学法学部助教授を経て、1984年早稲田大学法学部教授。また、2002年から2006年まで早稲田大学法学部長。ロースクールと学部を兼任。法学部では、倒産法ゼミの他に、民事訴訟法ゼミも担当しており、いずれも高倍率の学生からの人気が高いゼミとなっていた。2008年3月早稲田大学にて「企業倒産処理法制における基本的諸相」にて法学博士を受く[3]、2014年早稲田大学大学院法務研究科教授、2015年弁護士登録、2015年東京双和法律事務所顧問[4]、2020年早稲田大学大学院法務研究科教授を定年退職[5]

この他に、1998年から2000年まで旧司法試験第二次試験考査委員などを務めた[6]

研究テーマ[編集]

  • 倒産法における担保権の処遇
  • 個人債務者更生手続きのあり方

在外研究等[編集]

著書・論文等[編集]

  • 『ハンドブック個人再生手続』(有斐閣
  • 『破産法[第6版]』(弘文堂
  • 『倒産判例ガイド[第2版]』(有斐閣)
  • 『現代法講義・破産法』(青林書院
  • 『民事訴訟法・民事執行法・民事保全法』(法学書院)
  • 『演習ノート 民事訴訟法[第5版]』(法学書院)
  • 『演習ノート 民事執行法・民事保全法[第4版]』(法学書院)
  • 『破産法比較条文の研究 (学術選書プラス10)』(信山社出版

所属学会[編集]

  • 日本民事訴訟法学会(理事(雑誌担当)、1995年-1998年、国内)
  • 日本民事訴訟法学会(理事(大会担当)、1998年-2001年、国内)
  • 日本民事訴訟法学会(理事(総務担当)、2001年-2004年、国内)
  • 日本民事訴訟法学会(国際交流委員会委員、2004年-2010年、国内)
  • 日本民事訴訟法学会(理事長、2010年-2013年、国内)
  • 日本公証法学会(理事長、国内)
  • 日米法学会
  • 日本私法学会

脚注[編集]

  1. ^ a b 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.309
  2. ^ 高橋則夫「献呈の辞」『早稲田法学 95巻3号 第1分冊』早稲田大学法学会、2020年3月、巻頭p.2
  3. ^ 博論データベース
  4. ^ 弁護士紹介
  5. ^ 2019年度定年退職教員最終講義
  6. ^ 以上につき、「加藤哲夫教授略歴」『早稲田法学 95巻3号 第2分冊』早稲田大学法学会、2020年3月、p.858-859

外部リンク[編集]

先代:
田山輝明
早稲田大学法学部
2002年 - 2006年
次代:
上村達男
先代:
紙屋敦之
早稲田大学図書館
2006年 - 2010年
次代:
飯島昇藏