須賀晃一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

須賀 晃一(すが こういち、1954年6月 - )は日本の経済学者早稲田大学政治経済学術院教授、政治経済学術院長・政治経済学部長。

人物[編集]

大分県出身[1]。1977年一橋大学経済学部卒業[2]、1982年一橋大学大学院経済学研究科博士課程単位取得満期退学[2]。指導教官は時子山和彦教授(時子山常三郎第9代早稲田大学総長の長男)[3]

亜細亜大学経済学部助教授[2]福岡大学経済学部教授[2]等を経て、2000年から早稲田大学政治経済学部教授[2]。2014年早稲田大学政治経済学術院長・政治経済学部長[4]

専門は厚生経済学で、社会選択理論における権利の研究、所有権制度の経済分析等の研究を行う。1998年には論文"Economic Analysis of Justice"により、一橋大学から博士(経済学)の学位を取得[2][5]。審査員は鈴村興太郎武隈慎一蓼沼宏一[6]

著書[編集]

編著[編集]

訳書[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「著者略歴」『ミクロ経済学基礎と演習』
  2. ^ a b c d e f 「教授 須賀晃一」早稲田大学
  3. ^ 「昭和57年度 学位授与・単位修得論文一覧」一橋大学
  4. ^ 「学術院長、素顔のメッセージ」早稲田大学2014年10月27日
  5. ^ 一橋大学 , 博士 (経済学) , 乙第190号 , 1998-01-21
  6. ^ 「学位授与者(須賀晃一・近見正彦・清水啓典)」一橋論叢