山口勝業

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

山口 勝業(やまぐち かつなり、1955年 - )は、日本投資ファンドマネージャー経済学者イボットソン・アソシエイツ日本法人を創立し、同社代表取締役社長を経て、取締役会長。証券アナリストジャーナル賞受賞。行動経済学会の創立メンバーで、同学会顧問も務める。博士(経済学)

人物・経歴[編集]

福岡県福岡市出身。東京学芸大学附属大泉中学校東京学芸大学附属高等学校を経て[1]、1979年一橋大学社会学部卒業(社会学・社会心理学専攻)[2]。同年日本長期信用銀行入行。1986年イェール大学経営大学院修了、経営学修士[2](MPPM) [3]

1986年長銀ニューヨーク信託米国債券ポートフォリオマネジャー。1989年LTCB-MAS Investment Managementポートフォリオ・マネジャー。1994年長銀投資顧問株式チーフ・ファンド・マネジャー[2]。長銀破綻後、1999年に有限会社ストラテジック・キャピタル・リサーチを設立し、東北大学経済学部非常勤講師も務めた[4]

2000年、イボットソン・アソシエイツ・ジャパンを創立[3]し、同社代表取締役社長に就任。社会基盤研究所社長の平尾光司(のちに専修大学教授等)らの支援を受けながら、同社のスタートアップにあたった[5][2]。2002年に川西諭真壁昭夫と行動経済学のワークショップを開始し、これを発展させ、2007年には行動経済学会を設立した[6][7]。2003年から2008年まで専修大学大学院経済学研究科ファイナンス・コース客員教授兼務[2][4]。2016年イボットソン・アソシエイツ・ジャパン取締役会長[2]

1991年論文「アクティブ株式運用のためのエキスパート・システム」で証券アナリストジャーナル賞を受賞。2005年論文「わが国産業の株式期待リターンのサプライサイド推計」で再び証券アナリストジャーナル賞を受賞。一橋大学大学院経営管理研究科非常勤講師、日本ファイナンス学会理事、日本証券アナリスト協会試験委員[8][2]、行動経済学会顧問[3]、日本CFA協会理事[9]等を歴任。

専門は、資産運用実務、リスクプレミアムの実証分析、行動ファイナンス[2]で、2008年には著書『日本経済のリスク・プレミアム : 「見えざるリターン」を長期データから読み解く』で専修大学博士(経済学)の学位を取得[10]

バードウォッチング、絵画制作を趣味とし、学生時代はシンガー・ソングライターを目指していたが断念した経歴を持つ。

著作[編集]

著書[編集]

訳書[編集]

  • ピーター・L.バーンスタイン『証券投資の思想革命』(青山護と共訳)東洋経済新報社 1993年、普及版2006年
  • ピーター・L.バーンスタイン『アルファを求める男たち』東洋経済新報社 2009年

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「山口 勝業」
  2. ^ a b c d e f g h 「山口勝業」一橋大学大学院国際企業戦略研究科
  3. ^ a b c 「主なメンバー」イボットソン・アソシエイツ・ジャパン
  4. ^ a b 「パネリストのプロフィール」大阪大学社会経済研究所 附属行動経済学研究センター
  5. ^ 「平尾光司教授退職記念研究会記録 」専修大学社会科学研究所月報
  6. ^ 「行動経済学:理論から行動へ」長期投資仲間通信「インベストライフ」
  7. ^ 「行動経済学会設立趣意書」行動経済学会
  8. ^ 「著者略歴」『証券投資の思想革命[普及版]』
  9. ^ [1]
  10. ^ 専修大学 , 博士 (経済学) , 乙第50号 , 2008-10-18