シーザー・ペリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
シーザー・ペリ
César Pelli
César Pelli (cropped).jpg
2010年撮影
生誕 (1926-10-12) 1926年10月12日(91歳)
アルゼンチンの旗 アルゼンチン サン・ミゲル・デ・トゥクマン
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身校 イリノイ大学アーバナ・シャンペーン校
職業 建築家
受賞 AIAゴールドメダル(1995年)
所属 ペリ・クラーク・ペリ・アーキテクツ
建築物 ワールドフィナンシャルセンター
ワン・カナダ・スクウェア
ペトロナスツインタワー

シーザー・ペリ(César Pelli、1926年10月12日 - )はアルゼンチン出身のアメリカ合衆国建築家。「ペリ・クラーク・ペリ・アーキテクツ」代表。

概要[編集]

設計事務所は、イェール大学で有名なアメリカ合衆国コネチカット州ニューヘイブンに本部がある。1980年代のポストモダン建築の時代に一世を風靡した彼のデザインは、曲線を描くファサードの多用、金属素材の印象的な使用で知られている。また、世界有数の高さを誇る超高層オフィスビルの数々や都市のランドマークとなる建築物の設計などを手がける事でも知られる。

ペリは1926年にサン・ミゲル・デ・トゥクマンで生まれ、サン・ミゲル・デ・トゥクマン国立大学で建築を学ぶ。1949年に同校を卒業した後[1]1952年アメリカ合衆国に移民し、イリノイ大学アーバナ・シャンペーン校で学んだ。1964年にはアメリカの市民権を得た。彼の建築家としての輝かしいキャリアは1954年から10年間勤めた[1]エーロ・サーリネン建築設計事務所での勤務からはじまっている。また彼は教育者でもあり、1977年イェール大学建築学部の学部長に任命され、1984年までその任を果たしている。若い建築学生たちに向けて書いた著書『Observations for Young Architects』もある。

1991年、AIA(アメリカ建築家協会)はペリを、アメリカで最も影響力のある存命中の建築家10人の一人に選定した。彼は多くの建築賞を受賞しているが、1995年にはAIAゴールドメダルを受賞し、建築の理論と実践のうえで影響を残し続ける、数多くの重要な作品を残したことが評価された。

有名な作品は、マレーシアの首都クアラルンプールにある、一時は世界一の高さを誇ったペトロナスツインタワーや、ニューヨークワールドフィナンシャルセンターニューヨーク近代美術館増築、カーネギーホールタワー香港香港国際金融中心などが上げられる。また日本でも、羽田空港第二ターミナルビル愛宕グリーンヒルズ日本橋三井タワー中之島三井ビルディング、NTT新宿本社ビル(現在のNTT東日本本社)、国立国際美術館大阪歴史博物館、シーホーク ホテル&リゾート(現在のヒルトン福岡シーホーク)、倉吉パークスクエアあべのハルカスなどを手がけている。

経歴[編集]

Wells Fargo Center、ミネアポリス

主な建築[編集]

カーネギーホールタワー
バンク・オブ・アメリカ、ノースカロライナ州シャーロット
777 Tower、ロサンゼルス
ワールドフィナンシャルセンター、ニューヨーク
ゴールドマン・サックス・タワー、ジャージーシティ

著書[編集]

  • 1999年: Observations for Young Architects (Monacelli Press)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b シーザー・ペリ略歴光井純&アソシエーツ建築設計事務所株式会社
  2. ^ 麻布台再開発事業麻布台パークハウス

関連項目[編集]

外部リンク[編集]