ジェームズ・トービン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ジェームズ・トービン
ネオケインジアン経済学
Tobin in 1962
生誕 (1918-03-05) 1918年3月5日
イリノイ州シャンペン市
死没 (2002-03-11) 2002年3月11日(満84歳没)
コネチカット州ニューヘブン
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ
研究機関 イェール大学
コウルズ委員会
研究分野 マクロ経済学
母校 ハーバード大学
影響を
受けた人物
ジョン・メイナード・ケインズ
ジョセフ・シュンペーター
アルヴィン・ハンセン
ゴットフリード・ハーバラー
サムナー・スリヒター
セイモア・ハリス
エドワード・メイソン
エドワード・チャンバーリン
ワシリー・レオンチェフ
論敵 ミルトン・フリードマン
影響を
与えた人物
ポール・サミュエルソン
ロイド・メッツラー
ジョン・ケネス・ガルブレイス
エイブラム・バーグソン
リチャード・マスグレイヴ
リチャード・グッドウィン
ジャネット・イエレン[1]
ポール・クルーグマン
浜田宏一[1]
実績 ポートフォリオ理論
ケインジアン経済学
トービンのq
トービット・モデル
受賞 ジョン・ベイツ・クラーク賞 (1955)
ノーベル経済学賞 (1981)
情報 - IDEAS/RePEc
テンプレートを表示
ノーベル賞受賞者ノーベル賞
受賞年:1981年
受賞部門:ノーベル経済学賞
受賞理由:金融市場とその支出決定・雇用生産物価格との関連性の分析を称えて

ジェームズ・トービンJames Tobin1918年3月5日 - 2002年3月11日)は、アメリカ合衆国経済学者

ジョン・メイナード・ケインズの考えを支持し、マネタリストと財政・金融政策で論争している。また、投資金融市場に関する研究でも業績を残し、投機的な通貨取引に課税するトービン税や、会社の資産市場での評価を測る指標として知られるトービンのq理論で知られる。

経歴[編集]

日本語訳著書[編集]

  • 『国民のための経済政策』、間野英雄・海老沢道進・小林桂吉訳、東洋経済新報社、1967年
  • 『インフレと失業の選択――ニュー・エコノミストの反証と提言』(ダイヤモンド現代選書)、矢島釣次・篠塚慎吾訳、ダイヤモンド社、1976年
  • 『マクロ経済学の再検討――国債累積と合理的期待』、浜田宏一藪下史郎訳、日本経済新聞出版社、1981年
  • 『国際マクロ経済学――国際的不均衡下の経済政策』、高中公男編訳、勁草出版サービスセンター、1990年
  • 『トービン 金融論』、藪下史郎・蟻川靖浩・大阿久博訳、東洋経済新報社、2003年

参考文献[編集]

  • ボーモル=トービン・モデル
  • ブリュノ・ジュタン著『トービン税入門』、和仁道郎訳、社会評論社、2006年
  • James Tobin(英語)
  • Cowles Foundation(英語)

学術論文[編集]

脚注[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b エール大卒イエレン・浜田両氏、恩師の理論を量的緩和に応用Bloomberg 2013年11月1日

注釈[編集]

  1. ^ 1981年のトービンの受賞について、世界中の新聞は「イェール大学の経済学者が『卵を全部一つの籠に入れるな』でノーベル賞受賞」という見出しで報道した(ウィリアム・ブレイト、ロジャー・W. スペンサー編著 『経済学を変えた七人-栄光のノーベル経済学賞受賞者』 勁草書房、1988年、200頁)。

関連事項[編集]

外部リンク[編集]