ロバート・パットナム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ロバート・パットナム

ロバート・パットナム: Robert David Putnam1940年1月9日 -)は、アメリカ政治学者ハーバード大学ケネディスクール教授

ニューヨーク州ロチェスターで生まれ、オハイオ州で育つ。スワースモア大学およびオックスフォード大学で学び、1970年イェール大学より博士号取得。ミシガン大学教授を経て、1979年からハーバード大学で教鞭をとる。2001年から2002年にかけてアメリカ政治学会会長を務めた。2006年ヨハン・スクデ政治学賞を受賞。

アメリカにおける共同体の衰退を論じた Bowling Alone. は大きな反響を巻き起こした。ソーシャル・キャピタルの概念の提唱者でもある。

著書[編集]

単著[編集]

  • The Beliefs of Politicians: Ideology, Conflict, and Democracy in Britain and Italy, (Yale University Press, 1973).
  • The Comparative Study of Political Elites, (Prentice-Hall, 1976).
  • Making Democracy Work: Civic Traditions in Modern Italy, (Princeton University Press, 1993).
河田潤一訳『哲学する民主主義――伝統と改革の市民的構造』(NTT出版, 2001年)
  • Bowling Alone: the Collapse and Revival of American Community, (Simon & Schuster, 2000).
柴内康文訳『孤独なボウリング――米国コミュニティの崩壊と再生』(柏書房, 2006年)

共著[編集]

  • Bureaucrats and Politicians in Western Democracies, with Joel D. Aberbach and Bert A. Rockman, (Harvard University Press, 1981).
  • Hanging Together: the Seven-power Summits, with Nicholas Bayne, (Harvard University Press, 1984).
山田進一訳『サミット――「先進国首脳会議」』(TBSブリタニカ, 1986年)
  • Better Together: Restoring the American Community, with Lewis M. Feldstein and Don Cohen, (Simon & Schuster, 2003).

編著[編集]

  • Democracies in Flux: the Evolution of Social Capital in Contemporary Society, (Oxford University Press, 2002).
猪口孝訳『流動化する民主主義――先進8ヵ国におけるソーシャル・キャピタル』(ミネルヴァ書房, 2013年)

共編著[編集]

  • Disaffected Democracies: What's Troubling the Trilateral Countries?, co-edited with Susan J. Pharr, (Princeton University Press, 2000).
  • Double-edged Diplomacy: International Bargaining and Domestic Politics, co-edited with Peter B. Evans and Harold K. Jacobson, (University of California Press, 1993).

関連項目[編集]