メリー・コルヴィン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

メリー・キャサリン・コルヴィン(Marie Catherine Colvin、1956年1月12日 - 2012年2月22日)は、アメリカ合衆国ジャーナリスト。『サンデー・タイムズ』に所属していた。

概要[編集]

1956年、アメリカ合衆国ニューヨーク州ロングアイランドに生まれる[1]エール大学を卒業後、1979年にUPI通信に入社、1985年に『サンデー・タイムズ』に移籍[1]、翌1986年から戦場取材を始める。レバノン内戦や第1次湾岸戦争チェチェン紛争東ティモール紛争など世界中の戦場紛争地などの危険な取材を重ねた。

2001年4月16日、内戦中のスリランカLTTEへの同行取材を行い、LTTE支配地域からスリランカ政府の支配地域に渡る途上、政府軍の放ったRPGの爆発に巻き込まれ、左目を失明した[1]。その際に付けるようになった黒い眼帯は、彼女のトレードマークとなった[1]心的外傷後ストレス障害(PTSD)を負いながらも現場復帰し、以降もイラク戦争アフガニスタン紛争を取材した。2010年にはブリティッシュ・プレス・アワード(British Press Awards)の優秀外国人記者に選ばれた[1]

2011年、アラブの春で政変の起こったチュニジアリビアを取材。リビアでは、内戦中に外国人記者として一番最初にカダフィ大佐へのインタビューを敢行した。2012年2月、内戦中のシリアに入国、政府軍の包囲を受けたホムスにて反政府勢力側の取材を行った。2月21日に最後の中継レポートを行い、翌2月22日、同行していたフランスのカメラマン、レミ・オシリクと共に戦闘に巻き込まれ死亡した[1]。56歳没。彼女らの死因についてシリア政府は「反体制派の仕掛けた即席爆弾によって死亡した」と主張したが、コルヴィンと同行取材し、生き延びたポール・コンロイはこれを否定し、「政府軍がメディアセンターのあった建物を攻撃、その際に放った砲弾で死亡した」と主張している。

2018年、彼女の生涯を描いた伝記映画『プライベート・ウォー』が制作され、ロザムンド・パイクがコルヴィンを演じた。

出典[編集]

関連項目[編集]