ジャン=フィリップ・ガシアン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ジャン=フィリップ・ガシアン Table tennis pictogram.svg
Mondial Ping - Press conference - 28.jpg
基本情報
生年月日 (1968-10-16) 1968年10月16日(48歳)
選手情報
最高世界ランク 1位
利き腕
グリップ シェークハンド
フォア面ラバー 裏ソフト
バック面ラバー 裏ソフト
戦型 攻撃型
 
獲得メダル
フランスの旗 フランス
卓球
オリンピック
1992 バルセロナ 男子シングルス
2000 シドニー 男子ダブルス
世界卓球選手権
1993 イェーテボリ 男子シングルス
1995 天津 男子ダブルス
1995 天津 男子団体
1997 マンチェスター 男子ダブルス
1997 マンチェスター 男子団体
■テンプレート■ノート ■解説プロジェクト:卓球

ジャン=フィリップ・ガシアン(Jean-Philippe Gatien、1968年10月16日 - )はフランスの元卓球選手。

略歴[編集]

フランスのアレス出身。5歳で卓球を始めた。13歳でパリの国立体育・スポーツ研究センター(INSEP)に入り、17歳からフランス代表として国際大会に出場する。「音速のフットワーク」と呼ばれるほどの優れたフットワークを生かして常にボールの頂点前を捉えるという、独自の前陣ドライブ速攻スタイルを構築し頭角を現す。1992年には世界ランキング1位になり、バルセロナオリンピックでは男子シングルスで銀メダルを獲得。翌年の世界選手権イエテボリ大会の男子シングルスで優勝を果たした。その後もフランスのエースとして世界のトップで活躍を続ける。2000年のシドニーオリンピックでは、大会直前に父親を亡くすという不幸に見舞われたものの、見事に立ち直りダブルスで銅メダルを獲得。2004年のアテネオリンピックヨーロッパ予選を最後に引退した。

プレースタイル[編集]

左利きで両面裏ソフト攻撃型。短いトスのサービスからの3球目攻撃を得意とする。フォアハンドを得意とし、苦手なバックハンドをカバーするほどのフットワークで他を圧倒する。このプレースタイルは、同じくフランス代表のクリストフ・ルグーに継承されていく。また、ダブルスでも強く、シドニー五輪では、パトリック・シーラと組んで銅メダルを獲得した。これが評価に値する理由として、左利き同士のダブルスであることを挙げられる。普通、ダブルスでは右利き同士、または左利きと右利きがペアを組むのだが(左利き同士だと、サービス後の動きがとりづらくなる)、フランスナショナルチームで右利きがダミアン・エロワしかいなかったので、左利き同士で組まざるを得なかった。しかし、シーラとの仲もよく、コンビネーションはかなり良かった。

主な戦績[編集]

外部リンク[編集]