スターリングシルバー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

スターリングシルバー (sterling silver)は、の含有率925パーミル(92.5パーセント)、割り金(製品強度を上げるための金属)75パーミル(7.5パーセント。主に)の銀合金である。

ウチュナリ コアティ(Uchunari coffee[1])のスターリングシルバー製のパッケージ

12世紀頃、東ドイツの、Easterling と呼ばれる貨幣鋳造家が[要出典]イギリス銀貨スターリング・ポンド)鋳造を教えて以後、この品位をスターリングと呼ぶようになり、1300年代にイギリスの法定品位となった。それ以来1920年まで、イギリスの銀貨は925スターリング材で鋳造されてきた。その後は品位を500に落とし、1947年以降はプルーフ貨幣以外に銀貨は鋳造されなくなったが、イギリスの通貨ポンドの正式名称は現在も pound sterling である[2]

スターリングシルバーは、銀と比べて反応性が高い銅を含むため、純銀よりも硫化しやすい[3]。しかし、適切な熱処理を行うと時効硬化性(時間とともに硬さを増す効果)が銀合金中最も顕著であるために、貴族の富の象徴のテーブルウェアや家具調度品に利用されてきた。最近は宝飾品に多く利用されている。装身具貴金属の品位区分を決めている、ISO9202JIS H6309 は、925を銀の品位区分の一つにあげている。また、造幣局の品位証明区分の中にも入っている。

2012年のロンドン五輪のメダルもスターリングシルバーであるが、銀の含有率が965パーミル、残りの割り金は銅とより純度を上げたものになっている。 フルートの素材としても良く利用されるが、この場合900~975パーミル程度の差がある。習慣的にすべてスターリングシルバー扱いされる。 サクソフォンなどでも利用したものがあるが、一般的ではない。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ ハナグマによるコピ・ルアクと同じ製法の高級コーヒー
  2. ^ イギリス以外の他のヨーロッパ諸国の本位銀貨は、オランダが945パーミル、ポルトガルが917パーミルの高品位材で鋳造されたが、一般的には900パーミル材を用いる場合が多く、これを「コインシルバー」と呼ぶ(西川精一 『新版金属工学入門』アグネ技術センター、2001年、511頁。 
  3. ^ Lyndsie Selwyn (2021年3月16日). “Understanding how silver objects tarnish”. Government of Canada. 2022年2月5日閲覧。