トーマス・バッハ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
トーマス・バッハ
Thomas Bach
14-01-10-tbh-015.jpg

任期 2013年9月10日

出生 (1953-12-29) 1953年12月29日(66歳)
西ドイツの旗 西ドイツヴュルツブルク
獲得メダル
男子フェンシング
オリンピック
西ドイツの旗 西ドイツ
1976 フルーレ団体

トーマス・バッハ(Thomas Bach, 1953年12月29日 - )は、ドイツ弁護士。第9代国際オリンピック委員会 (IOC) 会長。筑波大学名誉博士[1]1976年モントリオールオリンピックのフェンシング西ドイツ代表選手、ドイツオリンピックスポーツ連盟 (DOSB) 会長を歴任。

経歴[編集]

西ドイツ(のちのドイツ)のバイエルン州ヴュルツブルク出身。ヴュルツブルク大学法学部法律を学んだ。1976年モントリオールオリンピックフェンシングフルーレ団体で西ドイツチームの一員として金メダルを獲得した。

1991年にIOC委員となり、1996年に理事に就任。2000年 - 2004年2006年 - 2013年は副会長を務めた。2013年9月10日アルゼンチンブエノスアイレスで行われた第125次IOC総会で、ジャック・ロゲの後任として第9代IOC会長に選出された[2]

2016年10月20日に、筑波大学で講演した折に筑波大学の名誉博士号が授与された[1]

功績[編集]

自身が推進してきた『オリンピック・アジェンダ2020』は、世界中から寄せられた4万件以上のオリンピックに対する意見を40項目に集約したもの。2014年12月のIOC臨時総会で、この40の改革案すべてが満場一致で採択された[3]。このアジェンダに基づき追加種目制度、男女混合種目の増加、女子種目の増加、複数都市共催大会(2026年冬ミラノ/コルティナ・ダンペッツォオリンピック)開催決定と実績を上げている。アジェンダには脱コンパクト五輪である「主催都市ではない他の都市への分散開催を、開催国家の中で可能とする」アジェンダが含まれていた。このアジェンダが守れない場合、開催都市として立候補は行えない[4]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]

その他の役職
先代:
ベルギーの旗 ジャック・ロゲ
オリンピックの旗 国際オリンピック委員会会長
第9代:2013年 -
次代:
現職