2020年東京オリンピック・パラリンピックの競技会場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

2020年東京オリンピック・パラリンピックの競技会場(2020ねんとうきょうオリンピック・パラリンピックのきょうぎかいじょう)は、大会招致時のコンセプトとして「都市の中心で開催するコンパクトな大会」を掲げ、大都市の都心で開催することによるダイナミックな祭典、かつ選手村を会場配置計画の中心に設置して約9割の競技会場が8キロメートル圏内に配置されるなど、移動時間の短縮が可能なコンパクトな配置計画となっていた。


競技会場[編集]

開催決定後、2014年12月のIOC臨時総会で中長期改革「五輪アジェンダ2020」が承認されたこともあり、数か所で会場変更が行われた[1]

命名権[編集]

ネーミングライツが使用されている以下のサッカー3会場に関しては、IOCの規定によりFIFA(国際サッカー連盟)主催サッカー国際試合と同様にネーミングライツの使用が禁止されている為、併設施設も含めて一時的に正式名称を使用して開催する。

ヘリテッジゾーン[編集]

所在地 競技会場 競技 収容人数 参照
オリンピック パラリンピック
新宿区 オリンピックスタジアム 陸上競技サッカー(決勝)、式典(開会式 / 閉会式) 陸上競技、式典(開会式 / 閉会式) 68,000
渋谷区 東京体育館 卓球 卓球 8,000
渋谷区 国立代々木競技場 ハンドボール バドミントン、ウィルチェアーラグビー 12,000
千代田区 日本武道館 柔道、空手 柔道 11,000
千代田区 皇居外苑 陸上競技(競歩) - 1,000
千代田区 東京国際フォーラム ウエイトリフティング - 5,000
墨田区 両国国技館 ボクシング - 10,000
東京23区 マラソンコース 陸上競技(マラソン) - 無記載

東京ベイゾーン[編集]

所在地 競技会場 パーマネント/
仮設
競技 収容人数 参照
オリンピック パラリンピック
江東区 有明アリーナ パーマネント バレーボール 車椅子バスケットボール(決勝) 15,000
江東区 有明アーバンスポーツパーク 仮設 自転車競技 (BMX)、スケートボード 5,000
江東区 有明体操競技場 仮設 体操競技(体操、新体操、トランポリン) ボッチャ 12,000
江東区 有明テニスの森公園 テニス 車いすテニス 20,500 (OG)
18,000 (PG)
港区 お台場海浜公園 仮設 トライアスロン競泳(マラソン) トライアスロン 10,000
品川区 潮風公園 仮設 ビーチバレーボール - 12,000
品川区
大田区
大井ふ頭中央海浜公園 パーマネント ホッケー - 15,000 (OG)
14,000 (PG)
東京23区 海の森クロスカントリーコース 仮設 馬術(総合馬術・クロスカントリー) -
東京23区 海の森水上競技場 パーマネント カヌー(スプリント)、ボート カヌー、ボート 14,000
江戸川区 カヌー・スラロームセンター
葛西臨海公園隣接都有地)
パーマネント カヌー(スラローム) - 12,000
江東区 夢の島公園アーチェリー場 パーマネント アーチェリー アーチェリー 7,000
江東区 東京アクアティクスセンター パーマネント 飛込、競泳、アーティスティックスイミング 競泳 20,000
江東区 東京辰巳国際水泳場 水球 -
江東区 青海アーバンスポーツパーク 仮設 バスケットボール3x3)、スポーツクライミング 視覚障害者5人制サッカー

半径8キロメートル圏外[編集]

競技会場 所在地 競技 収容人数 参照
オリンピック パラリンピック
馬事公苑 世田谷区 馬術 馬術
武蔵野の森総合スポーツプラザ 東京都調布市 近代五種(水泳、フェンシング ボーナスラウンド(エペ)、バドミントン、近代五種(フェンシング ランキングラウンド(エペ)) 車椅子バスケットボール 5,000
武蔵野の森公園 東京都調布市 自転車競技(ロード)スタート -
東京スタジアム 東京都調布市 サッカー、近代五種(馬術、レーザーラン)、ラグビー - 50,000
陸上自衛隊朝霞訓練場 埼玉県新座市 射撃 射撃 4,600
霞ヶ関カンツリー倶楽部 埼玉県川越市 ゴルフ - 1,000
さいたまスーパーアリーナ 埼玉県さいたま市 バスケットボール(5人制) - 19,000
幕張メッセ 千葉県千葉市 フェンシングテコンドーレスリング ゴールボール、テコンドー、シッティングバレーボール車いすフェンシング
釣ヶ崎海岸サーフィンビーチ 千葉県長生郡一宮町 サーフィン -
横浜スタジアム 神奈川県横浜市 野球ソフトボール - 30,039
福島県営あづま球場 福島県福島市 - 30,000
江ノ島ヨットハーバー 神奈川県藤沢市 セーリング -
伊豆ベロドローム 静岡県伊豆市 自転車競技(トラック) 自転車競技(トラック) 5,000
伊豆MTBコース 静岡県伊豆市 自転車競技(マウンテンバイク) -
富士スピードウェイ 静岡県駿東郡小山町 自転車競技((ロード) ゴール、(個人タイムトライアル)) -

サッカー競技場[編集]

競技会場 所在地 収容人数 参照
オリンピックスタジアム 新宿区 68,000
東京スタジアム 東京都調布市 50,000
横浜国際総合競技場 神奈川県横浜市 72,000
埼玉スタジアム2002 埼玉県さいたま市 64,000
茨城カシマスタジアム 茨城県鹿嶋市 40,728
札幌ドーム 北海道札幌市 41,000
宮城スタジアム 宮城県宮城郡利府町 50,000

選手村[編集]

東京都中央区晴海地区に選手村を予定している。

会場から半径8km以内に位置している。

輸送とインフラ[編集]

未定

招致段階からの変更と陳情[編集]

  • 2014年6月27日 - IOCのコーツ調整委員長は、ラグビーの日程が招致段階(2日間)から延びる場合、会場変更(当初は新国立競技場を予定)を含めた検討が必要との認識を示した[2]
  • 11月19日 - IOCのコーツ調整委員長は、バスケットボールの1次リーグを「ほかの都市や地方でやることもあり得る」と述べた[3]
  • 2015年2月27日 - IOC理事会にて、バスケットボール、馬術、カヌー・スラロームの3会場の変更を承認[4]
  • 2015年2月28日 - 戸田ボートコース監督会が海の森公園から戸田市彩湖への、変更意見書を作成[5]
  • 2015年6月8日 - IOC理事会にて、未決定だった8競技の会場が正式決定。自転車とサッカー以外の26競技の会場が決まった[6]
  • 2015年12月9日 - 自転車競技のうち仮設施設を建設する予定であったトラックレース(『有明ベロドローム』)とマウンテンバイク(『海の森マウンテンバイクコース』)について、既設の伊豆ベロドローム日本サイクルスポーツセンターに変更することが検討され、当初は国際自転車競技連盟との交渉が難航[7]していたものの変更が承認された[8]
  • 2016年12月7日 - IOC理事会において、追加種目(5競技18種目)の競技会場が決定[9]
  • 2017年6月9日 - 正式競技の種目構成がIOC理事会で決定される。会場未定のバスケットボール3x3男女、自転車BMXフリースタイル男女が入っていたのでどこにするか検討開始。
  • 2017年12月6日 - IOC理事会にて、バスケットボール3x3が青海アーバンスポーツ会場、自転車BMXフリースタイルが有明BMXコースと会場が決定。スケートボードの会場が2016年12月7日にIOC理事会で承認を受けた青海アーバンスポーツ会場から有明BMXコースへの変更が決定[10]

その他[編集]

  • 仮設施設を組織委が、恒久施設を都・国が、整備する役割(予算)分担となってきた。しかし「立候補段階に、おおざっぱに決められたもので、今となってはどういう理由でそうなったのか分からない」と、組織委森喜朗会長は2016年3月24日の理事会で語り、「東京都がまず会場を用意するのが第一義」と、今後の分担見直しの必要性を訴えた[14]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ 【東京五輪】追加種目・会場見直し… 2020年五輪へ重要な1年 - 産経ニュース、2015年1月1日
  2. ^ ラグビーの会場変更検討も 東京五輪でIOCコーツ調整委員長 - 日本経済新聞、2014年6月27日
  3. ^ 20年東京五輪 大阪でバスケ予選を、IOC調整委員長が提案 - 日本経済新聞、2014年11月19日
  4. ^ 東京五輪の3会場変更、IOCが承認 バスケや馬術など - 日本経済新聞、2015年2月28日
  5. ^ 五輪ボート会場で戸田コース監督会「東京湾では公正な競技できない」 - 埼玉新聞、2015年3月1日
  6. ^ 「五輪、我が街に」喜び…神奈川・千葉に分散 - 読売新聞、2015年6月10日
  7. ^ 東京五輪の会場計画見直し 自転車の伊豆変更は再協議に - スポニチ、2015年7月23日
  8. ^ 伊豆で東京五輪自転車 静岡県内初の競技開催 - 静岡新聞・2015年12月10日
  9. ^ 東京2020オリンピック競技会場について”. 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会. 2019年2月27日閲覧。
  10. ^ 東京2020オリンピック競技大会の競技会場について”. 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会. 2019年2月27日閲覧。
  11. ^ 平成25年オリンピック・パラリンピック招致特別委員会(2013年2月8日) - 東京都議会委員 野上じゅん子のホームページ
  12. ^ 第19期 オリンピック・パラリンピック推進対策特別委員会速記録第九号
  13. ^ 2020年 東京オリンピック・パラリンピックの関連施設等に対する提言(2014.06.07) - 新建築家技術者集団
  14. ^ 施設整備の役割分担見直しを 森会長表明、今後協議へ (1/2ページ) - サンケイスポーツ、2016年3月24日

外部リンク[編集]