専制主義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

専制主義(せんせいしゅぎ、英語: Absolutism/Despotism)とは、専制政治独裁政治軍事政権などの政治思想・方針などを指す[1][2]。自らが歴史的にも軍事面などで強国であることを重視・自負し、併せて国民の強い支持を確保する傾向がある。

解説[編集]

対外的には、下記の政治傾向を持つ。

脚注[編集]

  1. ^ Q2 「専制政治」と「独裁政治」について-p.40,84 - 教育出版
  2. ^ 民主主義と専制主義の戦い:その歴史と今後の行方 「新大西洋憲章」が生まれた背景とその影響 | JBpress (ジェイビープレス)” (日本語). JBpress(日本ビジネスプレス). 2022年6月9日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]