封建主義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

封建主義(ほうけんしゅぎ)とは、

  • 封土(収穫をうむような領土で、褒美や収入として臣下・家来に与えるもの)を与えたり受け取ったりすることによって成立する主人と臣下(家来)の関係[1]。また、そうした関係が社会の基本なのだ、とする考え方・主張のこと[1]
  • 英語のfeudalismの訳語として、(封建制という訳語の代わりに)用いられることもある。→封建制も参照のこと。

日本における封建時代[編集]

日本においては、一般に鎌倉時代から明治維新までの武家支配時代を指す[2][3]上代班田制の崩壊、荘園制の一般化によって、平安時代中期頃成立したと考えられており、鎌倉時代と室町時代中世封建社会(封建社会前期)、江戸時代近世封建社会(封建社会後期)に分類されている[4]

西洋における封建時代[編集]

ヨーロッパにおいては一般に6世紀頃から15世紀末頃を指す[2][5]。漠然と中世全体を指すこともある[5]

脚注[編集]

  1. ^ a b デジタル大辞泉「封建主義」[1]
  2. ^ a b デジタル大辞泉「封建時代」[2]
  3. ^ 大辞林 第三版「封建時代」[3]
  4. ^ 精選版 日本国語大辞典「封建社会」[4]
  5. ^ a b 精選版 日本国語大辞典「封建時代」[5]

関連項目[編集]