宗教社会主義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

宗教社会主義(しゅうきょうしゃかいしゅぎ、英:Religious socialism)または宗教的社会主義は、宗教上の価値観に基づいた、社会主義の潮流である。

概要[編集]

主要な宗教の幾つかは、社会正義の実現や神の前の平等など、社会主義の原則や理念にも合致する信仰を持って生まれた。このため、幾つかの宗教では宗教社会主義の潮流が生まれた。

主なものには以下がある。

なお、社会主義(特にマルクス主義)は宗教を否定するとされるが、初期社会主義にはキリスト教社会主義の潮流が多く見られる。

また日本の北一輝による「国体論及び純正社会主義」などは、国家神道の宗教的権威としての天皇を頂点とした一種の国家社会主義であり、宗教社会主義の側面も持っていると言える。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  • 岩城聰「ティリッヒの宗教社会主義 : その現代的意義についての一考察(ティリッヒ研究の現状とその可能性)(テーマセッション)(<特集>第六十二回学術大会紀要)」『宗教研究』第77巻第4号、日本宗教学会、2004年、 912-913頁、 doi:10.20716/rsjars.77.4_912ISSN 0387-3293NAID 110002826303
  • 佐藤茂行「サン・シモン教について:サン・シモン主義と宗教的社会主義」『經濟學研究』第35巻第4号、北海道大学經濟學部、1986年3月、 571-586(1-16)、 ISSN 04516265NAID 110004464497