資産管理サービス信託銀行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
資産管理サービス信託銀行株式会社
Trust & Custody Services Bank, Ltd.
Harumi Island Triton Square 02.JPG
本店が入居する晴海アイランドトリトンスクエア
(右がZ棟)
種類 株式会社
市場情報 非上場
略称 TCSB
本社所在地 日本の旗 日本
104-6228
東京都中央区晴海1-8-12
晴海アイランドトリトンスクエア
オフィスタワーZ 28階
設立 2001年(平成13年)1月22日
業種 銀行業
法人番号 5010001072446
金融機関コード 0325
SWIFTコード TCSBJPJT
事業内容 マスタートラスト業務
有価証券資産・確定拠出年金資産の管理業務
代表者 代表取締役社長 渡辺 伸充
代表取締役副社長 野口 亨
資本金 500億円
(2018年10月1日現在)
発行済株式総数 100万株
(2016年10月20日現在)
従業員数 631人
(2016年3月31日現在)
決算期 毎年3月31日
主要株主 JTCホールディングス株式会社 100%
(2018年10月1日現在)
外部リンク www.tcsb.co.jp
テンプレートを表示

資産管理サービス信託銀行株式会社(しさんかんりサービスしんたくぎんこう、英文名称:Trust & Custody Services Bank, Ltd.TCSB)は、日本信託銀行の一つである。

概要[編集]

2001年1月22日みずほ信託銀行(みずほアセット信託銀行(旧:安田信託銀行)との合併前)・朝日生命保険第一生命保険富国生命保険・安田生命保険(現:明治安田生命保険)の5社が出資して設立、同年1月30日に営業を開始した。2016年10月20日に第一生命保険が株式を譲渡し、かんぽ生命保険が資本参加した[1]。マスタートラスト業務、有価証券資産の管理(カストディ)業務、確定拠出年金の資産管理業務を行う。

信託財産残高は141兆865億円(2016年3月末現在)[2]

2018年10月1日、三井住友トラスト・ホールディングス系列の日本トラスティ・サービス信託銀行(JTSB)と持株会社方式で統合し、JTCホールディングスの子会社となった。2021年をめどに持株会社と傘下の両行は合併する方針[3][4][2]

他の資産管理信託会社[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 第一生命、かんぽに保有信託銀株の一部売却=40億円時事通信 2016年10月20日
  2. ^ a b “資産管理銀行、統合へ みずほと三井住友トラスト”. 朝日新聞デジタル. (2017年1月18日). http://digital.asahi.com/articles/ASK1L2PWWK1LULFA001.html?rm=503 2017年2月8日閲覧。 
  3. ^ 経営統合に関する契約(共同株式移転)の締結について (PDF)”. 資産管理サービス信託銀行株式会社・日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社 (2018年3月28日). 2018年10月6日閲覧。
  4. ^ “みずほと三井住友トラスト、系列超え事業統合”. 日本経済新聞. (2017年1月18日). http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS17H5G_X10C17A1MM8000/ 2017年2月8日閲覧。 

外部リンク[編集]