民事不介入

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

民事不介入(みんじふかいにゅう)とは、警察権民事紛争に介入するべきではないとする原則。

概要[編集]

個人の財産権の行使や私法上の契約親権の行使等は、個人間の私的関係の性質を有するにとどまるところ、その権利の行使、債務不履行等に対する救済は、専ら司法権の範囲であり、警察権の関与すべき事項ではないとする原則である。

紛争が生じ、市民の通報または警察官自身による現場の目撃をもって、警察権は発動される。しかし、暴力など明確に刑事事案に発展する要件が存在しない場合は、事情聴取などによって情報収集するに留まることになる。紛争関係者が自己の都合に有利となるように警察官に強制力を執行するように要求された場合、刑事事案に発展する要件の不存在を理由とする代わりに、民事不介入の原則をもって示すことがあるとされる[要出典]

民事不介入の文言を備えた法律は存在しないが、警察法第2条第2項の拡大解釈により説明可能とする説もある。

民事不介入が問題として取り挙げられた事件[編集]

いずれも民事不介入に対する認識の誤りが指摘された[1]

脚注[編集]

  1. ^ 警察刷新会議第8回会議議事要旨

関連項目[編集]

外部リンク[編集]