どんだけ〜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

どんだけ〜」とは、日本語俗語流行語の一種。TBSバラエティ番組リンカーン」の企画で、新宿二丁目ゲイの間で使用されている場面が放映されて以降一般に認知され、2007年新語・流行語大賞にノミネートされた。

語源と意味[編集]

新宿二丁目の同性愛者の中で使われている俗語である。初めて大々的にこの言葉を取り上げたメディアである『リンカーン』(TBS)では「言葉自体に意味はなく言うと盛り上がる」と紹介されている[1]

神足裕司大阪ヤクザが使う「どんだけのもんじゃい」が、やさしく言いまわされたのが「どんだけ〜」ではないかと述べている[2]

西日本では方言として使う地域もあり、意味は同じである「どんだけ」、津軽弁では同義語で「どんだ(っ)きゃ〜」や「どんだ(ん)ずや〜」がある。また、「どんだけだし」という語は、意味が全く違う。

概要[編集]

主にお笑いタレントが使用しているが、特定のお笑い芸人によるギャグではない。

この言葉が世間に認知されるきっかけとしては、ダウンタウンが司会のテレビ番組『リンカーン』内のコーナー「世界ウルリン滞在記」にて、お笑いコンビFUJIWARA藤本敏史新宿二丁目ゲイマーチングバンドに1週間参加する企画の際に、彼ら(ゲイバー「Pt(プラチナ)」のやす子ママが中心)の間での言い回しの一つとして藤本が面白がって取り上げたことにあり、現時点ではやす子ママが公式に確認できる起源とされる。[要出典]

その後、同番組に出演したIKKOが独自のポーズを加えてアレンジしながら多用したことで、世間一般にも広まる事となった[1]。そのため、「どんだけ〜」はIKKO発のネタと誤解されがちであり、これに対して藤本が憤慨していると松本人志がラジオで暴露[3]した。また、ナイナイサイズにFUJIWARAが出演した際にもその胸の内を明かした。ただし今となっては、IKKOにネタをパクられたこと自体を藤本がネタにしているフシがあり[4]、2人がテレビなどで共演した際にはほぼ必ず話題に上がる。藤本曰く、やす子ママに「テレビ番組で使って欲しい」と頼まれたため、主にバラエティ番組で使用していたが、知らぬ間にIKKOが多用していたらしく、IKKOに注意したいとのことだが、長身で雰囲気が怖いので言えないのだという。また、実際のポーズは手を下から上にあげるような動作が本家であり、藤本はこの動作をどうやったら視聴者に印象付けられるのか色々と考えていたようである[5]

「どんだけ〜」に対し「いかほど〜」という返し言葉がある。『大阪ほんわかテレビ』のコントでは間寛平が「こんだけ〜」という返し言葉を使っている。地方では方言による使い回しも見られる[6]

2007年の新語・流行語大賞にノミネート、その後流行語大賞のトップテンに入賞した。その際受賞したのは、IKKOであった。しかし、このときのインタビューでIKKOは「『どんだけ~』の発案者はやす子ママ」と一部メディアで答えている。[要出典]

2007年12月5日IKKOは「どんだけ~!の法則」で歌手デビューを果たした。

「どんだけ〜」が作品中で扱われた例[編集]

バラエティ番組[編集]

  • リンカーン』(TBS) - 初めて「どんだけぇ〜」を大々的に取り上げたメディアである。番組で松本人志宮迫博之藤本敏史などの出演するお笑い芸人がよく使っているが主に「どんだけぇ〜の泉」、「どんだけぇ〜の雫」というコーナーで使用されている。
  • SMAP×SMAP』(フジテレビ) - 香取慎吾IKKOに扮装し女性タレントにメイクするコーナー「どんだけぇ~NIKKOさん」で使用した。

漫画・アニメ[編集]

テレビドラマ[編集]

ラジオ番組[編集]

CM[編集]

  • コアラのマーチ』(ロッテ) - 2007年10月〜より、冬季限定商品の「ローストアーモンドラテ味」のCMで、コアラが振り向いて「どんだけ〜」と一言。
  • マクドナルド』- 2007年9月、期間限定の月見バーガーのCMで、ウサギがもう一匹のウサギが買ってきた月見バーガーに対して言った。そしてウサギは「一個だけ」と冷めていった(恐らくIKKOと掛け合わせたものと思われる)。

商品名[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 2007年2月13日放送回『リンカーン』(TBS)にて
  2. ^ 2007年10月25日放送「情報ライブ ミヤネ屋」(読売テレビ
  3. ^ 放送室、2007年8月11日放送より
  4. ^ 2007年12月4日放送回『リンカーン』にて
  5. ^ 2007年9月29日放送回『ナイナイサイズ』(日本テレビ)にて
  6. ^ 若っ人ランド』(テレビ熊本)にて