ニャホ・ニャホ=タマクロー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ニャホ・ニャホ=タマクロー(Dr.Nyaho Nyaho-Tamakloe1942年5月7日 - )は、ガーナのサッカー協会元会長。また同国の医師政治家でもある。

プロフィール[編集]

同国の名門サッカークラブ、アクラ・ハーツ・オブ・オークの運営でもその手腕を発揮した[1]ことで知られる国民的な有名人であるが、サッカーそのものの経験はほとんどない。

日本ではフジテレビのバラエティ番組『トリビアの泉 〜素晴らしきムダ知識〜』にて、名前の響きのユニークさで紹介された。なおガーナでも「ニャホ」は珍しい名前である。

2004年にニャホ=タマクローが協会評議会に対し構造批判を伝えるための私信を出していたが、その私信が協会評議会の反感を買ってしまう。協会評議会がニャホ=タマクローを告発する議事を作成し始めるが、ニャホ=タマクローは告発の差し止めを求めていた。だが結局は首都アクラ高等裁判所により、『告発議事を作成し続けることが認められる』という判決が下され、ニャホ=タマクローは自らの意思でガーナサッカー協会会長職を辞任した。

略歴[編集]

  • 1942年、生誕。
  • 2004年4月、ガーナサッカー協会会長職に就任。
  • 2005年5月、ガーナサッカー協会会長職を辞任。
  • 2006年8月現在、セルビアのガーナ大使館に所属。

関連項目[編集]

脚注・出典[編集]

  1. ^ http://www.accraheartsofoak.com/site/clubs/history_detail

外部リンク[編集]