高木美也子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

高木 美也子(たかぎ みやこ、1952年1月10日 - )は、日本生命倫理学者。専門は、生化学生命倫理[1]東京通信大学人間福祉学科教授太田プロダクション所属。テレ朝チャンネル放送番組審議会委員。

略歴[編集]

京都府京都市出身。父は岡田茂東映社長・会長・名誉会長。兄は元俳優で東映会長岡田裕介[2]、夫の父は日航機御巣鷹山墜落事故時代に日本航空社長であった高木養根である。青山学院中等部・高等部[1]青山学院大学理工学部化学科を経て[1]パリ第7大学理学部博士課程専攻修了[1]

東横学園女子短期大学教授、武蔵工業大学(現東京都市大学)工学部講師(併任)、日本大学総合科学研究所教授[1]などを経て、東京通信大学教授。

「CNNデイウォッチ」(1988年~1993年)や「ウィークエンドライブ 週刊地球TV」にレギュラー出演するなど[3]、テレビのコメンテーターとしても活躍している。

出演番組[編集]

現在[編集]

過去[編集]

NHK

TBS

フジテレビ

テレビ朝日

文化放送

著書[編集]

  • 『女性の世界は25時間 仕事も遊びも100パーセント』大和出版、1991.11
  • 『身体と性の危ない話』講談社、1993.1
  • 『生命のゲーム 人類は、自らの生命を操作できるか?』市井社、1994.10
  • 『クスリになる話 こんな願いもクスリでかなう』リバティ書房、1997.7
  • 『私は仮面の妖精だった』ローラ・ボー著(翻訳) 情報センター出版局、1999.11
  • 『操作されるイノチ複製されるワタシ SFみたい!な生命科学の話』PHP研究所、1999.3
  • 『人間パズル 生命科学と神の領域』かんき出版、2002.4
  • 『「図解」生命の科学がみるみるわかる本 基礎からオドロキの最新事情まで!』PHP研究所、2008.2

論文[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e (第4回)<高木美也子さん>「この先生にはかなわない!」先生は、生徒が尊敬できる何かを持っていた | 私の学校” (日本語). 東洋経済オンライン (2007年2月6日). 2021年12月20日閲覧。
  2. ^ INC, SANKEI DIGITAL (2020年11月21日). “東映グループ岡田裕介会長が急逝 「いのちの停車場」打ち合わせ中に倒れる” (日本語). サンスポ. 2021年12月20日閲覧。
  3. ^ 高木美也子さん キャスター時代の“相棒”小西克哉氏に感謝|今あるのはあの人のおかげ”. 日刊ゲンダイDIGITAL. 2021年12月20日閲覧。

外部リンク[編集]