まんきつ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
まんしゅうきつこから転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
まんきつ
本名 非公開
生誕 (1975-02-02) 1975年2月2日(45歳)
日本の旗 日本
国籍 日本の旗 日本
職業 漫画家
称号 学士(芸術)日本大学
活動期間 2012年 -
ジャンル エッセイ漫画
ギャグ漫画
代表作 『ハルモヤさん』(2013年 - )
『アル中ワンダーランド』(2015年
受賞 ちばてつや賞
公式サイト まんしゅうきつこのオリモノわんだーらんど
テンプレートを表示

まんきつ1975年2月2日 - )は、日本漫画家水瓶座[1][2]日本大学芸術学部卒業。学位学士(芸術)。旧筆名はまん臭きつ子マン臭きつ子まんしゅうきつこ(全て読みは同じ)。

来歴[編集]

少女時代は『ドラゴンボール』の孫悟空が好きだったが[3]、悟空がチチと結婚した時には悔し泣きしたという[4]。高校時代に伊集院光大槻ケンヂのラジオがきっかけで、『ガロ』を読むようになる。たま電気グルーヴに傾倒し、たまのコスプレもしていたという。

日本大学芸術学部在籍中に江川達也のアシスタントを1年間勤め、『東京大学物語』の背景などを担当する[4]。並行して『ガロ』に「入院患者の独白」を描いた短編漫画も投稿するが、本人いわく「シュール過ぎた」のか採用されなかった。

日本大学卒業後[2]、父親の紹介で興味はなかったが、プラネタリウム施設に就職。4年間勤務するも薄給に耐え切れず、OLに転職して、職場の男性と28歳の時に結婚。その後は元江川プロの同僚の仕事をたまに手伝う程度で漫画家としての活動は行っていなかったが、諦めきれず30歳の時に講談社に投稿した36頁の青春ものストーリー漫画がちばてつや賞を獲得もデビューはならず。

無名時代に偶然知り合った漫画家の清野とおるに勧められ[5]、ブログ『まんしゅうきつこのオリモノわんだーらんど』を2012年5月に開設して話題となる[1][2]

以降、漫画家・イラストレーターとして『週刊新潮』『anan』『小説すばる』『本当にあった笑える話』『週刊SPA!』『mini』などの雑誌で活躍。コミックスにアルコール依存症の経験を綴った『アル中ワンダーランド』(扶桑社)、『ハルモヤさん』(新潮社)などがある。

人物[編集]

当初の筆名は「マン臭きつ子」[6][7][8]であり、これは当初「ツイッターで変なリプライが来ないように」考えたもので、ごく身近な人間の笑いをとりたいという理由から「軽い気持ちで」ブログ開設に際してもそのまま使用したものである[9]。しかし家族の反対を受け、平仮名表記に改名した[8][9]。一時、自身の筆名が不快感を与えるのではないかと心配になり、改名を検討していた[8]扶桑社がこの筆名を不快に思うかアンケートを募ったところ[8]、改名すべきか否かについては賛否が拮抗した[8][10]。だが、現在の筆名が不快だとする意見は18パーセント程度にとどまっており、「いい名前だ」「特に何とも思わない」とする意見が圧倒的であったことから、ひとまず改名は見送ることとなった[8]。2019年2月に筆名を「まんきつ」に改名した[11]

家事をしながらブログを更新することがストレスとなってアルコールを摂取するようになり、次第に重度のアルコール依存症となった(酷い時には化粧用のアルコールにトマトジュースを混ぜて飲んだほど)。現在[いつ?]は克服している。

漫画家の沖田×華は、初めてまんしゅうに会った際、絵とは異なり「豆モヤシのような細さの美女」で驚いたことを、自身のエッセイ「ますます毎日やらかしてます。」に記している。

漫画家の清野とおるとは、自身の弟を通じて知り合い、三人で酒を酌み交わす飲み友達となったそうである[5][12][13]。清野は、まんきつとその弟について「今まで出会ってきたどの人間たちとも異なる何か得体の知れない能力」[12]を持つと考えており、それにあやかろうと交流を重ねている、とブログで面白おかしく記している[12]。清野は、特にまんきつについて「一介の主婦…の仮面を被ったきちがい」[12]と評している。

家族・親族[編集]

既婚。配偶者と子どもあり。 三人兄弟の長女。5歳下の弟の江森康之カメラマンであり、『赤目四十八瀧心中未遂』のスチールを担当するなど映画テレビのスチールやグラビア等を手掛けている[1]。『週刊SPA!』の企画でグラビアを撮影することになった際には、弟をカメラマンとして指名した[2]

作品[編集]

エッセイ[編集]

漫画[編集]

  • 週刊SPA!にて『湯遊白書』連載中
  • ハルモヤさん(『GoGoバンチ新潮社2013年 - 2017年、全2巻)
  • アル中ワンダーランド(扶桑社2015年
  • まんしゅうきつこのリフォームワンダーランド(『ドアラジオ』リブセンス、2015年 - 連載)

メディア出演[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 「江森姉弟を育んだ家庭環境――まんしゅうきつこ×江森康之姉弟対談【前編】」『江森姉弟を育んだ家庭環境――まんしゅうきつこ×江森康之 姉弟対談【前編】|あの姉弟を作った“普通”の家族|江森康之/まんしゅうきつこ/cakes編集部|cakes(ケイクス)』 ピースオブケイク、2013年7月8日
  2. ^ a b c d 「美人と噂の漫画家まんしゅうきつこ、ついに顔出し! しかも、勢い余って脱いじゃった!!」『美人と噂の漫画家まんしゅうきつこ、ついに顔出し! しかも、勢い余って脱いじゃった!! | 日刊SPA!扶桑社2015年4月7日
  3. ^ manshukitsuko「妹」『妹:まんしゅうきつこのオリモノわんだーらんどエキサイト2012年11月6日
  4. ^ a b 「マンガ家と写真家を目指したきっかけとは――まんしゅうきつこ×江森康之姉弟対談【中編】」『マンガ家と写真家を目指したきっかけとは――まんしゅうきつこ×江森康之 姉弟対談【中編】|あの姉弟を作った“普通”の家族|江森康之/まんしゅうきつこ/cakes編集部|cakes(ケイクス)』ピースオブケイク、2013年7月16日
  5. ^ a b manshukitsuko「ブログを始めたきっかけ」『ブログを始めたきっかけ:まんしゅうきつこのオリモノわんだーらんど Archived 2015年3月2日, at the Wayback Machine.』エキサイト2012年7月2日
  6. ^ 高橋史彦「我ながらひどいと思います――人気主婦ブロガー『まんしゅうきつこ』さんの正体」『鬼才現る:我ながらひどいと思います――人気主婦ブロガー「まんしゅうきつこ」さんの正体(2/2) - ねとらぼアイティメディア2012年12月29日
  7. ^ 「まん臭きつ子」とも。
  8. ^ a b c d e f 「漫画家まんしゅうきつこ『私の名前は不快でしょうか?』――改名案を大募集!」『漫画家まんしゅうきつこ「私の名前は不快でしょうか?」――改名案を大募集! | 日刊SPA!扶桑社2015年3月25日
  9. ^ a b アル中ワンダーランド(扶桑社、2015年) P.23
  10. ^ 「漫画家まんしゅうきつこ、“改名宣言”でペンネームを募集! 涙の結果発表」『漫画家まんしゅうきつこ、“改名宣言”でペンネームを募集! 涙の結果発表 | 日刊SPA!扶桑社2015年4月3日
  11. ^ kitsukomzのツイート(1091548224651837440)
  12. ^ a b c d kurukurupaaaa「江森姉弟」『江森姉弟:清野のブログエキサイト2010年9月27日
  13. ^ kurukurupaaaa「近狂」『近狂:清野のブログエキサイト2012年8月5日

外部リンク[編集]