森咲智美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
もりさき ともみ
森咲智美
2017年
プロフィール
別名義 森智美(レースクイーンデビュー時代の芸名)
愛称 ぴーちゃん、ぴーとも
生年月日 1992年8月12日
現年齢 31歳
出身地 日本の旗 日本愛知県[1]名古屋市
血液型 O型
公称サイズ(2020年5月[2]時点)
身長 160 cm
スリーサイズ 89 - 58 - 88 cm
カップサイズ G
活動
デビュー 2010年
ジャンル グラビアアイドル
所属グループ OS☆U
活動期間 2010年 -
他の活動 歌手女優モデルタレントレースクイーン
事務所 リップ
アイドル: テンプレート - カテゴリ
YouTube
チャンネル
活動期間 2020年 -
ジャンル エンターテイメント
登録者数 約64.4万人
総再生回数 約51,887,654回
チャンネル登録者数・総再生回数は
2022年11月27日時点。
テンプレートを表示

森咲 智美(もりさき ともみ、1992年平成4年〉8月12日 - )は、日本タレント女優YouTuber[3]、元グラビアアイドル女性アイドルグループOS☆U」の元メンバーである[4]

愛知県名古屋市[5]出身[注釈 1]で、芸能事務所リップがマネジメントしている。夫はプロ野球選手平沼翔太[7]

経歴[編集]

アルバイト感覚でエキストラに応募し[8]2010年全日本ロードレース選手権で「Team橋本組 CMSフレッシュJK」のレースクイーンとして「森智美」名義で活動した[9][10]

2010年8月にCMSフレッシュJKで一緒だった氷室のどか[注釈 2]伴かなみ[9]らと共に「OS☆U」1期生として活動を始め、シングルを12枚とベスト盤含むアルバムを3枚に参加して『present for you』(2013年8月18日発売)にソロ曲「風をかんじながら」が収録されている。

2016年3月26日に名古屋DIAMOND HALLで行われたライブでOS☆Uを卒業し[11]、4月に上京してリップと契約した[12]。以降は行動の拠点をグラビア活動に移す[13]

グラドルとしては遅咲きのスタートでありながらも、2017年2月に発売したDVD『Virginal』が、同年のDMM.com「アイドル動画 2017年年間作品ランキングベスト100」で1位を獲得した[14][15]

2018年12月18日、その年において最もショップに貢献したグラビアアイドルを選ぶアワードとして、この年に創設された「グラビア・オブ・ザ・イヤー2018」(主催:キネマ旬報社)にて、グランプリに選出される[16]

2019年12月18日、「グラビア・オブ・ザ・イヤー2019」(主催:キネマ旬報社)にて、2年連続グランプリに選出される[17]

2020年1月26日、YouTubeに「森咲智美チャンネル」を開設[3]

2020年2月22日、初の写真展『Tomomi Morisaki -100/15934-』を開催(3月1日まで、tokyoarts gallery)[18]

2020年12月18日、「グラビア・オブ・ザ・イヤー2020」(主催:キネマ旬報社)にて、3年連続グランプリに選出されて殿堂入りとなった[19][20]

2022年3月1日、東京・銀座に自身がプロデュースするメンズエステサロン「CLASS GINZA -PREMIUM BODY LOUNGE-」を開業した[21]

2022年12月、週刊SPA!のグラビアン魂アワードにてみうらじゅん賞を受賞(同賞の受賞は2019年に続き2回目)[22]

2023年9月27日、自身のSNSにて同年10月24日発売のイメージDVDがイメージDVD引退作であることを発表した[23][24]

2023年11月14日発売の『FLASH』(2023年11月28日・12月5日合併号、光文社)にて、「グラビア引退SP」と題して撮り下ろしグラビアを披露するとともに、グラビアからは完全引退して次の道へ進むとインタビューで語った[25]

2024年1月1日、自身のSNSを更新し、前年に埼玉西武ライオンズに所属しているプロ野球選手平沼翔太と結婚したことや、妊娠していることを報告した[7][26]。前年の10月18日には平沼と結婚を前提に真剣交際をし、妊娠していると報じられる[27]も、交際報道に所属事務所は「回答できません」とコメントしていた[28]

人物・エピソード[編集]

  • 姉がいる[29]
  • 2012年サンフランシスコ「ナイキ・ウイメンズマラソン」でハーフの部[30]2013年から2015年に「名古屋ウィメンズマラソン[10][5]、2013年に「高橋尚子杯ぎふ清流ハーフマラソン」、2014年に「木曽三川ウルトラマラソン」60kmの部[5]、2014年と2015年に「野口みずき杯中日三重お伊勢さんマラソン」[31]にそれぞれ参加した。
  • 2014年に「ワッチミーナ2015」オーディションにエントリーして2位に入賞[32]
  • かつてのキャッチフレーズは「愛人にしたいグラドルNo.1」。2017年8月には「愛人にしたい女No.1」のキャッチフレーズで知られる橋本マナミと共演し、自身のキャッチフレーズの使用にお墨付きを受けた[33]。また、Twitterに投稿した写真が(特にアダルトな内容を含まないものまでも)ことごとく「不適切な内容が含まれる」認定を受けてしまうことから、それを逆手に取り「不適切女子」を自称していた[34]。しかし、近年の「不倫は社会的にNG」とする風潮からテレビ・雑誌などのメディアでこれにまつわる話が難しくなり、新たなキャラを模索中に事務所側から「日本一エロすぎるグラドル」を提案され、「ただ脱ぐだけがエロではない。服を着ていてもエロは表現できる。『日本一』と名乗るなら色んな種類のエロに挑戦し、引き出しを増やしていこうと思う」とインタビューで述べている[35]
  • 清楚なスナップショットと淫靡なセクシーショットを並べて同時に公開するハッシュタグ「#これがこう」の生みの親とされ、TwitterやInstagramへの投稿が好評を博す[36]。このフォーマットの使い勝手の良さが他のグラビアアイドルにも浸透し定着しており、それを嬉しく思っているという[37]
  • グラビアは芸術と思っており、下品にならないよう気をつけている。小さな水着で露骨なポーズをとっていても見ている人がきれいだなと思える作品にしたく、ボディラインや表情の作り方は常に意識している[35]
  • 橋本梨菜とは2018年春まで同居していた。性格が正反対だが喧嘩したことがないという[38]
  • 「日本一エロ過ぎるグラビアアイドル」・「インスタ映えする身体」と話題になり、Instagramのフォロワー数が2022年5月時点で500万人を超え[39]、Twitter・YouTubeのフォロワー数も合わせると590万人を超える。
  • 「水着の面積はできるだけ小さくがモットーです」と豪語し、「あえて小さい水着を着ることが(エロさの)秘訣です」と明かしている[40]
  • 「どのように肉体美を作り上げているのか?」の問いに、「1食置き換えダイエットをしています。朝ごはんは酵素ジュースだけ。これで1食をまかないます」と「週2回はジムに通い、パーソナルトレーニング。ブルガリアンスクワット、ヒップリフト、ワイドスクワットなど、ヒップアップに有効な筋トレを取り入れている」と述べている[41]
  • 「森咲智美チャンネル」は登録者数が2021年10月時点で50万人を突破したが、攻めた内容の結果、収益BAN(広告収入が入らない状態)に遭っているという[42]

作品[編集]

イメージDVD[編集]

太文字タイトルBD版同時発売

  • Kiss Kiss Kiss(2013年12月20日、イーネット・フロンティア)
  • とろけるLesson(2014年3月26日、イーネット・フロンティア)
  • bloom(2016年5月20日、竹書房)
  • 今すぐ抱きしめたい(2016年11月20日、ラインコミュニケーションズ)
  • Virginal(2017年2月24日、竹書房)
  • L'Amant -ラ・マン-(2017年5月24日、イーネット・フロンティア)
  • Pandora(2017年9月22日、竹書房)
  • Ecstasy(2018年1月25日、イーネット・フロンティア )
  • Aventure (2018年4月20日、ラインコミュニケーションズ)
  • 咲露(2018年7月20日、イーネット・フロンティア)
  • more…(2019年2月21日、イーネット・フロンティア)
  • M(2019年6月21日、イーネット・フロンティア)
  • 花びら(2019年12月20日、竹書房)
  • 淫ら(2020年4月23日、イーネット・フロンティア)
  • Dangerous Love(2020年8月21日、イーネット・フロンティア)
  • 恋一夜(2020年11月20日、ラインコミュニケーションズ)
  • 冬恋(2021年2月19日、イーネット・フロンティア)
  • Adult Channel(2021年6月25日、竹書房)
  • Deep Session(2022年3月25日、竹書房)
  • PLAY(2022年7月22日、竹書房)
  • 逆ナンセレブ美女と(2022年11月22日、エアーコントロール)[43]
  • 最後の戯れ(2023年6月27日、エアーコントロール)[44][45]
  • レディクライマックス(2023年10月24日、エアーコントロール)[24]

VR[編集]

  • 森咲智美、此処に居ます(2019年1月11日、ファンタスティカ
  • 僕んちに下着の訪販に来た森咲智美ちゃんが部屋まで上がり込んでの実演販売、そういう世界(2019年1月18日、ファンタスティカ)
  • バーテンの僕が気に入ったらしい森咲智美ちゃんがお酒の勢いで僕をテイクアウトしてしまう、そんな世界(2019年1月25日、ファンタスティカ)

書籍[編集]

写真集[編集]

  • T&M(2018年10月22日、ワニブックス、撮影:矢西誠二)ISBN 978-4847081484[46]
  • 812/15934(2019年10月28日、ワニブックス)ISBN 978-4847082450[47]
  • Utopia(2020年10月27日、ワニブックス、撮影:矢西誠二)ISBN 978-4847083303[48]
  • Nectar(2022年4月15日、講談社、撮影:佐藤裕之)[49]

オムニバス写真集[編集]

デジタル写真集[編集]

その他[編集]

  • 覚悟を決めると楽になる(2020年8月13日、知道出版、著者:北井孝英ISBN 978-4-88664-330-8 ※第5章 覚悟を決める座談会(著者との特別対談)[51]

出演[編集]

舞台[編集]

テレビバラエティ[編集]

テレビドラマ[編集]

配信ドラマ[編集]

  • ハケンのキャバ嬢・彩華(2017年10月9日 - 12月11日、AbemaTV[注釈 3]) - アリス 役

WEBテレビ[編集]

音声配信[編集]

パチスロ[編集]

  • ラブ嬢3〜Wご指名はいかがですか?〜(2023年12月、アムテックス)[69]

写真展[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 出生地は富山県[6]
  2. ^ レースクイーン当時は「岩室野土香」名義[9]
  3. ^ a b AbemaTVと朝日放送による共同制作。

出典[編集]

  1. ^ “取材イベント年間500超! アイドルウォッチャー・北川のグラビアアイドルイベントレポート【11月編】”. 週プレNEWS (集英社). (2019年12月15日). https://wpb.shueisha.co.jp/news/entertainment/2019/12/15/110346/ 2020年12月11日閲覧。 
  2. ^ “森咲智美「ドキドキしながら見て」 最新DVDがエロすぎると話題”. サンスポ (産経デジタル). (2020年5月1日). https://www.sanspo.com/article/20200501-HY3GCXPDXFLFXMSEI2EYDYGSRY/ 2020年5月26日閲覧。 
  3. ^ a b “日本一エロいグラドル・森咲智美、You Tubeデビュー “5分で2カップUP”の極意伝授”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2020年2月7日). https://mdpr.jp/news/detail/1960643 2020年2月19日閲覧。 
  4. ^ “"エロすぎるグラドル"森咲智美、最新作は「今までで一番過激」”. マイナビニュース (マイナビ). (2020年1月25日). https://news.mynavi.jp/article/20200125-959865/ 2020年2月1日閲覧。 
  5. ^ a b c “OS☆U森咲智美・成瀬未佳マラソン日記「らんらんRUN」シーズン2”. 中日新聞プラス (中日新聞社). (2015年4月14日). オリジナルの2016年3月25日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160325074504/http://chuplus.jp/marathon/blog/list.php?category_id=476 2023年10月21日閲覧。 
  6. ^ 森咲智美 [@p_tomo0812] (2022年8月20日). "今日は久々の富山へ". X(旧Twitter)より2022年8月21日閲覧
  7. ^ a b “グラビアアイドル森咲智美が西武平沼翔太と昨年に結婚し妊娠していることをSNSで報告”. 日刊スポーツ (日刊スポーツNEWS). (2024年1月1日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202312310000793.html 2024年1月1日閲覧。 
  8. ^ “天才テリー伊藤対談「森咲智美」(1)見せたがりなので衣装を改造したんです”. アサ芸プラス (徳間書店). (2019年11月15日). https://www.asagei.com/excerpt/136571 2020年2月9日閲覧。 
  9. ^ a b c 「RACE QUEEN CATALOG - 2010 MFJ SUPERBIKE『CMSフレッシュJK』」『ギャルズ・パラダイス「2010レースクイーンデビュー編」』、三栄書房、2010年6月、91頁、2017年5月20日閲覧 
  10. ^ a b 前へ前へ①”. 森咲智美オフィシャルブログ. アメーバブログ (2016年3月31日). 2017年5月20日閲覧。
  11. ^ 前へ前へ②”. 森咲智美オフィシャルブログ. アメーバブログ (2016年3月31日). 2017年5月20日閲覧。
  12. ^ a b 最近。”. 森咲智美オフィシャルブログ. アメーバブログ (2016年4月26日). 2017年5月20日閲覧。
  13. ^ “"エロすぎるグラドル"森咲智美、過激水着で悩殺「下乳も横乳も」”. マイナビニュース (マイナビ). (2018年11月11日). https://news.mynavi.jp/article/20181111-722621/ 2019年12月12日閲覧。 
  14. ^ “森咲智美「DMMの年間ランキング第1位に!!」ファンへ感謝のツイート”. サンスポ (産経デジタル). (2017年12月19日). https://www.sanspo.com/article/20171219-2ZSFDK7HVFLDTCNFZKG42HODOE/ 2023年10月21日閲覧。 
  15. ^ “森咲智美、グラビア界のトップに上り詰めた「日本一エロすぎるグラドル」”. メンズサイゾー (サイゾー). (2020年1月3日). https://www.menscyzo.com/2020/01/post_132352.html 2020年2月21日閲覧。 
  16. ^ ““今年最も輝いたグラドル”は森咲智美に決定! グラビア・オブ・ザ・イヤー2018メーカー5社座談会”. ガジェット通信 (東京産業新聞社). (2018年12月18日). https://getnews.jp/archives/2105304 2020年2月19日閲覧。 
  17. ^ “森咲智美が2連覇! 「グラビア・オブ・ザ・イヤー2019」メーカー5社座談会”. ガジェット通信 (東京産業新聞社). (2019年12月18日). https://getnews.jp/archives/2324645 2020年2月19日閲覧。 
  18. ^ a b “エロすぎるグラビアアイドル・森咲智美、初の写真展開催「私も毎日顔出します」”. Deview. (2020年2月21日). https://deview.co.jp/News?am_article_id=2156001 2020年2月21日閲覧。 
  19. ^ “森咲智美が3連覇&殿堂入り! 「グラビア・オブ・ザ・イヤー2020」メーカー4社座談会”. ガジェット通信 (東京産業新聞社). (2020年12月18日). https://getnews.jp/archives/2855790 2020年12月18日閲覧。 
  20. ^ “森咲智美が「グラビア・オブ・ザ・イヤー2020」グランプリ&殿堂入り報告、胸の谷間にトロフィーを…”. 中日スポーツ (中日新聞社). (2020年12月18日). https://www.chunichi.co.jp/article/172660 2020年12月18日閲覧。 
  21. ^ “森咲智美“グラドル兼実業家”の二刀流に…銀座にメンズサロンをオープン”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2022年3月1日). https://hochi.news/articles/20220228-OHT1T51136.html?page=1 2022年3月7日閲覧。 
  22. ^ 週刊SPA!グラビアン魂アワード2022”. 森咲智美オフィシャルブログ. アメーバブログ (2022年12月29日). 2023年9月28日閲覧。
  23. ^ 森咲智美 [@p_tomo0812] (2023年9月27日). "引退作になります。". X(旧Twitter)より2023年9月28日閲覧
  24. ^ a b レディクライマックス”. Aircontrol. エアーコントロール. 2023年9月28日閲覧。
  25. ^ “森咲智美、グラビア完全引退「本当にやりきった感ある」 最後の撮影で大胆カット”. ORICON NEWS (オリコン). (2023年11月14日). https://www.oricon.co.jp/news/2302407/full/ 2023年11月14日閲覧。 
  26. ^ 森咲智美 [@p_tomo0812] (2024年1月1日). "御報告です。". X(旧Twitter)より2024年1月1日閲覧
  27. ^ “人気グラドル・森咲智美が西武・平沼翔太と真剣交際 妊娠も!”. スポニチアネックス (スポーツニッポン新聞社). (2023年10月18日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2023/10/18/kiji/20231018s00041000628000c.html 2023年10月19日閲覧。 
  28. ^ “森咲智美と15年センバツVの西武・平沼翔太が真剣交際…森咲の事務所は「回答できません」とコメント”. スポーツ報知 (報知新聞社). https://hochi.news/articles/20231018-OHT1T51135.html?page=1 2024年1月3日閲覧。 
  29. ^ ハイレグを制するものはグラビアを制す。”. 森咲智美オフィシャルブログ. アメーバブログ (2016年5月23日). 2017年5月20日閲覧。
  30. ^ “コンプレックスの塊だった自分を変えたい。ウルトラマラソンを走破したグラビアアイドル森咲智美(前編)┃ガチでマラソンに挑む女性たち #1 (1/2)”. MELOS (APPY). (2017年8月29日). https://melos.media/beauty/7414/ 2023年10月21日閲覧。 
  31. ^ 招待選手・OS☆U 森咲智美さん”. 2015中日三重お伊勢さんマラソン. 伊勢市 (2015年12月6日). 2017年5月20日閲覧。
  32. ^ グランプリ”. 森咲智美オフィシャルブログ. アメーバブログ (2014年10月1日). 2017年5月20日閲覧。
  33. ^ “愛人にしたいグラドル・森咲智美 橋本マナミから「愛人」公認もらう”. Ameba News (CyberAgent). (2017年8月29日). https://news.ameba.jp/entry/20170829-592 2023年10月21日閲覧。 
  34. ^ “愛人にしたいグラドルNo.1!森咲智美がアリーナにやって来た!【Go!Go!シーホースvol.07】”. Walkerplus (KADOKAWA). (2017年10月28日). https://www.walkerplus.com/trend/matome/article/126170/ 2023年10月21日閲覧。 
  35. ^ a b “COVER MODEL Vol.24 森咲智美「グラビアは芸術。美しい身体を維持する努力も含めて、説得力になる」”. fempass (KEAR). (2022年11月1日). https://fempass.today/article/14675 2022年11月26日閲覧。 
  36. ^ “森咲智美、驚愕展開に心奪われる"これがこう"ショットが話題「元祖は破壊力が桁違い」”. ENTAME next (徳間書店). (2022年7月12日). https://entamenext.com/articles/detail/18946 2023年11月20日閲覧。 
  37. ^ “森咲智美、清楚と淫靡のギャップ投稿「これがこう」10連発”. メンズサイゾー (サイゾー). (2021年8月3日). https://www.menscyzo.com/2021/08/post_201519.html 2023年11月20日閲覧。 
  38. ^ サンケイスポーツ 2018年10月1日 24面内記事
  39. ^ “森咲智美がインスタ登録者数500万人超え! エロすぎるグラドルが芸能人7人目の達成”. サンスポ (産経デジタル). (2022年5月4日). https://www.sanspo.com/article/20220504-PPZRSUENKVI3LCN4BXFTDA3JUU/ 2022年5月4日閲覧。 
  40. ^ “エロすぎるグラドル・森咲智美を360度見回す「あえて小さいサイズを選ぶのが秘訣」”. Deview (oricon ME). (2020年6月8日). https://deview.co.jp/News?am_article_id=2164055 2020年7月22日閲覧。 
  41. ^ “【動画】グラドル森咲智美、写真3枚 大迫力ボディの作り方は?”. NEWSポストセブン (小学館). (2020年8月4日). https://www.news-postseven.com/archives/20200804_1582783.html?DETAIL 2020年8月5日閲覧。 
  42. ^ “森咲智美のYouTubeチャンネルがエロを武器に約1年半で登録者数50万人を突破”. サンスポ (産経デジタル). (2021年10月27日). https://www.sanspo.com/article/20211027-5B3SFZDBVFNVFDEQPUIGFODT3I/ 2021年10月27日閲覧。 
  43. ^ 逆ナンセレブ美女と”. Aircontrol. エアーコントロール. 2023年7月20日閲覧。
  44. ^ 最後の戯れ”. Aircontrol. エアーコントロール. 2023年7月20日閲覧。
  45. ^ “「女の子にも憧れてもらえると思う」 花びらの水着が映える、森咲智美の22th BD&DVD”. 週刊アスキー (角川アスキー総合研究所). (2023年7月20日). https://weekly.ascii.jp/elem/000/004/146/4146005/ 2023年7月20日閲覧。 
  46. ^ “グラドルの森咲智美が初写真集イベント「仕上がりは1000点」”. デイリースポーツ online (デイリースポーツ). (2018年10月21日). https://www.daily.co.jp/gossip/2018/10/21/0011749844.shtml 2022年4月16日閲覧。 
  47. ^ “森咲智美、セカンド写真集発売イベントで大胆なビキニ姿披露”. サンスポ (産経デジタル). (2019年11月5日). https://www.sanspo.com/article/20191105-JTTCNRECWVIWTJG7BFCLVQWS3E/ 2022年4月16日閲覧。 
  48. ^ ““エロすぎるグラドル”森咲智美3冊目写真集は「ユートピア」“エロくて映えるTバック”付きの限定版も!”. WEBザテレビジョン (KADOKAWA). (2020年10月27日). https://thetv.jp/news/detail/247130/ 2022年4月16日閲覧。 
  49. ^ “森咲智美「芸術的エロに仕上がっています」20代最後の写真集発売”. サンスポ (産経デジタル). (2022年4月16日). https://www.sanspo.com/article/20220416-CUKTC3QLL5MVVP3HLTDQ7AQYF4/ 2022年4月16日閲覧。 
  50. ^ “リップガールズ初の「デジタル写真集」配信 犬童美乃梨「どっぷりとハマって!」”. ZAKZAK (産経デジタル). (2018年3月9日). https://www.zakzak.co.jp/ent/news/180309/ent1803095860-n1.html 2018年8月22日閲覧。 
  51. ^ 覚悟を決めると楽になる[書籍紹介]”. 知道出版. 2022年3月5日閲覧。
  52. ^ きゃぼんっわーっ。。”. 森咲智美オフィシャルブログ. アメーバブログ (2016年9月8日). 2017年5月20日閲覧。
  53. ^ “今夜の「タモリ倶楽部」はセクシー水着ざんまい、ゲストに呂布カルマ”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2018年9月28日). https://natalie.mu/music/news/301568 2018年9月30日閲覧。 
  54. ^ “橋本梨菜と森咲智美、グラドル新番組「ギリギリまで攻めたい」”. MusicVoice (アイ・シー・アイ). (2020年8月17日). https://www.musicvoice.jp/news/160198/ 2020年8月24日閲覧。 
  55. ^ 明日花キララ、森咲智美、なっちーがメインキャストの新番組「キラ×バズTV!?」が4月より放送スタート!カミナリ、ACE、イケメン俳優らがゲストで登場!』(プレスリリース)インバースホールディングス、2021年3月30日https://www.atpress.ne.jp/news/2534152023年10月21日閲覧 
  56. ^ 森咲智美、長澤茉里奈、RaMuなどグラビアアイドルが出演!BOCCHI。やCOLOR'zといったアイドルグループも登場の「アイドル鬼ごっこ2023!~わたし、本気だしてもいいですか~」を4月21日(金)に放送!”. GAORA. GAORA (2023年4月14日). 2023年5月12日閲覧。
  57. ^ “風吹ケイ、RaMuら16人のグラドルの真剣な表情は必見!白熱の「アイドル鬼ごっこ2023」”. HOMINIS (スカパーJSAT). (2023年4月20日). https://hominis.media/category/idol/post10566/ 2023年5月12日閲覧。 
  58. ^ キャバ嬢は「向いてると思う」「本気で1回やってみたい」 天木じゅん×森咲智美インタビュー”. Abema TIMES. AbemaTV (2017年10月5日). 2017年10月8日閲覧。
  59. ^ “AVじゃなかった!森咲智美×カンパニー松尾がSPドラマでタッグ 橋本梨菜、三上悠亜、桐谷まつりも競演”. WEBザテレビジョン (KADOKAWA). (2019年3月11日). https://thetv.jp/news/detail/182588/ 2019年3月14日閲覧。 
  60. ^ “インスタフォロワー400万人 森咲智美、半年で100万人増「朝起きるたびに増えてる」”. ドワンゴジェイピーnews (ドワンゴ). (2021年3月28日). オリジナルの2023年4月13日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20230413220350/https://news.dwango.jp/gravure/60181-2103 2023年10月21日閲覧。 
  61. ^ 日本テレビ新ドラマ『ネメシス』に出演させて頂きました!”. 森咲智美オフィシャルブログ. アメーバブログ (2021年4月11日). 2021年4月12日閲覧。
  62. ^ “小宮璃央主演「アカイリンゴ」に鈴木康介、織田奈那、森咲智美が出演”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2023年1月6日). https://natalie.mu/eiga/news/507948 2023年1月6日閲覧。 
  63. ^ 360Channel、『尻博士・倉持由香 VRグラドル研究所』配信開始 グラビアアイドルの新たな色気の開発がテーマ”. Social VR Info. Bizpl (2017年10月27日). 2018年1月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年4月12日閲覧。
  64. ^ デリ飯#4 タワマンで暮らすデリ嬢と壮絶人生を歩んだ女王様が作るご飯の味は?”. ABEMA. AbemaTV. 2018年9月21日閲覧。
  65. ^ よゐこ有野のノーギャラジオ [@nogyaradio] (2023年5月15日). "#ノーギャラジオ シーズン5第7回がこのあと21時〜スタート‼︎". X(旧Twitter)より2023年5月15日閲覧
  66. ^ しずる村上のWALK THIS 麺|しずる村上のWALK THIS 麺 #1 森咲智美とニボニボ”. AuDee(オーディー) (2020年11月8日). 2024年1月14日閲覧。
  67. ^ しずる村上のWALK THIS 麺|#1 復活!Gカップグラドル森咲智美と最新映え系塩ラーメンへ!”. AuDee(オーディー) (2023年7月9日). 2024年1月14日閲覧。
  68. ^ しずる村上のWALK THIS 麺|#2 新宿御苑…ではなく室内での過激トークでカロリー消費?!”. AuDee(オーディー) (2023年7月23日). 2024年1月14日閲覧。
  69. ^ Lラブ嬢3〜Wご指名はいかがですか?〜 | 出演キャスト一覧”. パチ7(パチセブン)|パチンコ パチスロ総合ポータルサイト (2023年12月4日). 2024年3月10日閲覧。

関連項目[編集]

  • 犬童美乃梨 - 元グラビアタレント。リップ所属当時に雑誌グラビアや撮影会などで共演。森咲と同じOS☆Uの1期生でもある。

外部リンク[編集]