政府調達に関する協定

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
政府調達に関する協定
通称・略称 政府調達協定
署名 1994年4月15日マラケシュ
効力発生 1996年1月1日
寄託者 世界貿易機関事務局長
条約番号 平成7年条約第23号
言語 英語、フランス語、スペイン語
主な内容 政府調達に関する国際条約
関連条約 世界貿易機関を設立するマラケシュ協定
条文リンク 1 (PDF) 2 (PDF) 3 (PDF) - 外務省
テンプレートを表示

政府調達に関する協定(せいふちょうたつにかんするきょうてい、英:Agreement on Government Procurement、GPA)は、1994年4月15日に作成され、1996年1月1日に発効した政府調達に関する国際条約である。政府調達協定と略される。

概要[編集]

世界貿易機関を設立するマラケシュ協定の附属書4に含まれる4つの協定[1]のうちのひとつである。同附属書に含まれる条約は複数国間貿易協定と呼ばれ、他の附属書に含まれる条約とは異なり一括受諾の対象とはされていない。このため、WTO加盟国すべてではなく、加盟国のうちでこれらの条約を別個に締結した国のみが拘束される。

条約の内容は、政府調達に国外企業が参入しやすくなるように、一定の基準額以上の物品やサービスの調達に際して、所定の手続を採ることを定めたものである。

政府調達に関しては、従来、1979年4月に作成され1987年2月に改正された政府調達に関する協定が存在して、内国民待遇の原則や無差別待遇の原則を定めていたが、本条約は、その適用範囲をサービス分野や地方政府機関に拡大するとともに、苦情申立てや紛争解決に関する手続を整備したものである。

この協定は更に2012年3月30日に採択された、政府調達に関する協定を改正する議定書により改正されている(改正議定書の発効状況は、下記の政府調達に関する協定受諾国一覧を参照)。この改正は、1 開発途上国の加入の促進(「特別な配慮」の強化)2 市場アクセスの拡大(各締約国の対象調達機関拡大等)3 電子的手段の活用による調達手続の簡素化 4 協定適用範囲の修正通報及び異議申立てに関する手続を明確化 を主な柱とする者で、これにより約800億ドルの新たな政府調達市場開放(WTO試算),経済の効率化及び質の向上がされるとされている。[2]

技術仕様は「適当な場合には、デザイン又は記述的に示された特性よりも性能に着目して、また、国際規格が存在するときは当該国際規格、国際規格が存在しないときは国内強制規、認められた国内任意規格又は建築規準に基づいて定める。」とあり、国際規格に着目している点はTBT協定と同様である。[3]

世界貿易機関によれば、一般的に1国の政府および地方自治体など、この協定が対象とする公的機関が調達する物品やサービスの価額はその国のGDPの10-15%に相当するとされる[4]

協定の加盟国及び改正議定書の受諾国[編集]

加盟国 政府調達に関する協定(1994年作成) 政府調達に関する協定を改正する議定書
アルメニア 2011年9月15日 2015年6月6日
オーストラリア 2019年5月5日 2019年5月5日[5]
カナダ 1996年1月1日 2014年4月6日
欧州連合 下記参照 2014年4月6日
香港 1997年6月19日 2014年4月6日
アイスランド 2001年4月28日 2014年4月6日
イスラエル 1996年1月1日 2014年4月6日
日本 1996年1月1日 2014年4月16日
大韓民国 1997年1月1日 2016年1月14日
リヒテンシュタイン 1997年9月18日 2014年4月6日
モンテネグロ 2015年7月15日 2015年7月15日
オランダ(アルバに関して) 1996年10月25日 2014年7月4日
ニュージーランド 2015年8月12日 2015年8月12日
ノルウェー 1996年1月1日 2014年4月6日
シンガポール 1997年10月20日 2014年4月6日
スイス 1996年1月1日 保留中
台湾 2009年7月15日 2014年4月6日
ウクライナ 2016年5月16日 2016年5月16日
米国 1996年1月1日 2014年4月6日

  1. 日付は、協定又は改正議定書が当該加盟国について発効した日
  2. スイスは、改正議定書を受諾していないため、スイスと他の加盟国との間では、改正前の協定が適用される。
  3. オランダは、本国は欧州連合が加盟国となって適用されるが、欧州連合の領域に属しない「アルバ」について独自に加盟国になっている。
  4. 欧州連合はその加盟国の拡大の関係で、政府調達に関する協定(1994年作成)が各加盟国について発効した日が下記のようになっている。
加盟国 政府調達に関する協定(1994年作成)
オーストリア ベルギー デンマーク、フィンランド フランス ドイツ ギリシャ アイルランド イタリア、ルクセンブルク、オランダ、ポルトガル スペイン スウェーデン、イギリス 1996年1月1日
キプロス、チェコ、エストニア、ハンガリー、ラトビア、リトアニア、マルタ、ポーランド、スロバキア、スロベニア 2004年5月1日
ブルガリア、ルーマニア 2007年1月1日
クロアチア 2013年7月1日

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ただし、国際酪農品協定及び国際牛肉協定は、1997年末で失効したので現在は、政府調達に関する協定と民間航空機貿易に関する協定の2つの協定となっている。
  2. ^ 外務省作成の議定書の概要。外務省HP http://www.mofa.go.jp/mofaj/files/000018465.pdf
  3. ^ 第六条 技術仕様
  4. ^ Overview of the Agreement on Government Procurement, Introduction” (英語). WTO. 2010年7月22日閲覧。 “it is estimated that government procurement typically represents 10-15% of GDP”
  5. ^ WT/LET/1429

関連項目[編集]

外部リンク[編集]