ディロン・ラウンド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
関税及び貿易に関する一般協定 > ディロン・ラウンド

ディロン・ラウンド(Dillon Round)は、1960年から1961年にかけて行われた関税および貿易に関する一般協定(GATT)の多角的貿易交渉である。

概要[編集]

GATTの第5回目の多角的貿易交渉で、アメリカ合衆国アイゼンハワー政権(共和党)の経済担当国務次官として交渉を提唱したC・ダグラス・ディロン(C. Douglas Dillon)に因んで、ディロン・ラウンドと呼ばれる(ディロンは、交渉開始後も、続く民主党ケネディ政権で財務長官を務めた)。この交渉は、通称が付けられた初めての多角的貿易交渉であった。

本ラウンドには、26ヶ国・地域が参加して、工業製品の関税引き下げなどが合意された。また、1958年に欧州経済共同体(EEC)が成立したことを受け、EECの対域外関税や、共通農業政策のもとでの可変輸入課徴金制度が取り上げられたが、成果は得られなかった。

GATT/WTOの多角的貿易交渉[編集]