パスカル・ラミー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
パスカル・ラミー

パスカル・ラミー(Pascal Lamy、1947年4月8日 -)は、フランス出身の官僚国際公務員実業家世界貿易機関(WTO)事務局長。元欧州委員会欧州委員(貿易担当)。

人物[編集]

HEC経営大学院パリ政治学院国立行政学院といったグランゼコールの名門校で学び、エリート官僚として経済財政省で働く。経済・財政大臣となったジャック・ドロールに見出され、ドロールが欧州委員会委員長に就くとその官房長となる。

2005年9月には、欧州委員会での貿易担当委員としての交渉の手腕が評価され、世界貿易機関の第8代事務局長に就任。

略歴[編集]

  • 1947年4月8日:パリ郊外のルヴァロワ=ペレで生まれる。
  • 1975年 - 1979年:経済財政省財務監察部
  • 1979年 - 1981年:経済財政省国庫局
  • 1981年 - 1982年:経済財政大臣補佐官
  • 1982年 - 1983年:経済財政大臣官房次長
  • 1983年 - 1984年:首相官房次長
  • 1985年 - 1994年:欧州委員会(ドロール委員会)委員長官房長兼シェルパ
  • 1994年- :クレディ・リヨネ取締役会メンバー
  • 1999年- :クレディ・リヨネ代表取締役
  • 1999年9月13日 - 2004年11月22日:欧州委員会(プローディ委員会)欧州委員(貿易担当)
  • 2005年9月1日 - 2013年8月31日:世界貿易機関事務局長