ンゴジ・オコンジョ・イウェアラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ンゴジ・オコンジョ・イウェアラ
Ngozi Okonjo-Iweala
Ngozi Okonjo-Iweala WEF Davos 2010.jpg
ンゴジ・オコンジョ・イウェアラ(2010年1月)
生年月日 1954年6月13日(60歳)
出生地 Flag of British Colonial Nigeria.svg ナイジェリア西部州オグワシ=ウク
出身校 イバダン大学インターナショナル・スクール
ハーバード大学
マサチューセッツ工科大学
所属政党 人民民主党
配偶者 イケムバ・イウェアラ

ナイジェリアの旗 ナイジェリア連邦共和国財務大臣
在任期間 2003年7月15日 - 2006年6月21日
大統領 オルシェグン・オバサンジョ

ナイジェリアの旗 ナイジェリア連邦共和国外務大臣
在任期間 2006年6月21日 - 8月30日
大統領 オルシェグン・オバサンジョ

ナイジェリアの旗 ナイジェリア連邦共和国財務大臣
在任期間 2011年7月11日 -
大統領 グッドラック・ジョナサン

世界銀行副総裁
在任期間 2007年10月4日 - 2011年7月11日
総裁 ロバート・ゼーリック
テンプレートを表示

ンゴジ・オコンジョ・イウェアラ英語: Ngozi Okonjo-Iweala1954年6月13日 - )はナイジェリア経済学者政治家

経歴[編集]

オグワシ=ウクに生まれる。イバダン大学インターナショナル・スクールを卒業後はアメリカ合衆国に留学し、ハーバード大学修士号を、マサチューセッツ工科大学博士号をそれぞれ取得した[1]。イケムバ・イウェアラと結婚し4人の子供がいる。

2003年に財務大臣に就任し、2006年には外務大臣に転じた。

2007年に世界銀行の総裁候補に挙がっていたが、この時はアメリカ人のロバート・ゼーリックが選ばれオコンジョ=イウェアラは副総裁となっている。ゼーリック総裁退任後の2012年にも総裁候補として挙げられた[2]が、4月16日に開催された世界銀行理事会では韓国系アメリカ人のジム・ヨン・キムが選出された[3]

2011年には、グッドラック・ジョナサン大統領によって財務大臣に再任された。

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]