日本フランチャイズチェーン協会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日本フランチャイズチェーン協会
Japan Franchise Association
団体種類 一般社団法人
設立 1972年
所在地 東京都港区虎ノ門3丁目6番2号
第2秋山ビル1F
法人番号 4010405010390
主要人物 会長 中山 勇
活動地域 日本の旗 日本
活動内容

内外のフランチャイズに関する規制法律事例の収集及び情報提供

法令の制定・改正についてのフランチャイズ業界の要望の提出 他
ウェブサイト http://www.jfa-fc.or.jp/
テンプレートを表示

一般社団法人 日本フランチャイズチェーン協会(にほん-きょうかい 英:Japan Franchise Association)は、フランチャイズ・システムの健全な発展を図ることを目的に設立された業界団体

現会長は、株式会社ファミリーマート取締役会長の中山 勇。

概要[編集]

1972年、通商産業省(現・経済産業省)の認可を受けて設立。フランチャイズ・システムに関する教育研修・調査研究・規範制定・広報相談などの活動を主としており、フランチャイズ・ビジネスを運営する日本の代表的な企業を中心に構成されている。[1]

2018年現在、79社の正会員と15社の準会員、その他研究会員と賛助会員で成り立っている。

会員の種類と資格[編集]

会員には4種類あり、次のように分類される。[1]

  • 正会員:JFAの「倫理綱領」に賛同するフランチャイザーで、JFAの定める資格を有するもの。
  1. 個人又は法人等の目的及び活動が、公の秩序又は善良な風俗に反する恐れがないものであること。
  2. 個人又は法人等の財務および経営が健全であること。
  3. 当該フランチャイズ・システムに係わる明確な契約条件が確立しており、その内容が適切であること。
  4. 当該フランチャイズ・システムに係わる契約条項を自ら実行し、その効果を現に挙証し得る事例を有する者であること。
  5. 申し込み時点に、日本国内において2年以上の実績を有するフランチャイジーを原則として10以上有する者であること。
  6. 当該フランチャイズ・システムに関する契約の解除または実行不能件数が、過去2年間に、その年に存在する契約数の20%を超えない者であること。
  • 準会員:JFAの「倫理綱領」に賛同する1年以上の実績を有するフランチャイザーであって、正会員以外のフランチャイザーであるもの。
  • 研究会員:フランチャイズ・システムに関心を有する、個人又は法人等であって、現在はフランチャイジーを有しないが、JFAの「倫理綱領」に賛同し、協会の研究活動に参加するもの。
  • 賛助会員:フランチャイズ・システムに関連する事業を営む者及びJFAの趣旨に賛同するもの。

主な会員企業[編集]

その他正会員、準会員等については協会ホームページ参照。

脚注[編集]

外部リンク[編集]