日本のコンビニエンスストアチェーン一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

日本のコンビニエンスストアチェーン一覧では、日本コンビニエンスストアチェーンについて記述する。

ローソン・原町北原店
ファミリーマート・相馬日下石店
デイリーヤマザキ・原町北長野店
ポプラ

チェーン概説[編集]

日本国内の店舗数順位による主要チェーンは

  1. セブン-イレブン - 20,904店(2019年3月)[1]セブン&アイ系列)
  2. ファミリーマート - 16,420店(2019年3月)[2]西友系列 → 伊藤忠商事系列、ユニー・ファミリーマートホールディングス子会社)
  3. ローソン - 14,663店(2019年3月)[3]ダイエー系列 → 三菱商事系列、ミニストップとの合流を視野に入れてイオン(ローソンの旧親会社であるダイエーも傘下にある)系列との提携が進んでいる)
  4. ミニストップ - 2,185店(2019年3月)[4]イオン系列)
  5. デイリーヤマザキ - 1,493店(2018年12月)[5](ニューヤマザキデイリーストア337店、ヤマザキデイリーストアー25店を含む。山崎製パンによる運営)
  6. セイコーマート - 1,193店(2018年9月)[6](北海道の地場コンビニ)
  7. NewDays - 493店(2019年6月)[7]
  8. ポプラ - 461店(2018年2月)[8](ローソンと提携 一部店舗で「ローソン・ポプラ」の店舗に転換)

店舗展開地域別一覧は、以下の通りである。

全国展開するコンビニエンスストアチェーン[編集]

SHOP99・東京方南町店(現:ローソンストア100

47都道府県全てに展開しているのはローソン(1997年沖縄県への出店をもって全国店舗網を完成)、ファミリーマート(2006年北海道への出店をもって全国店舗網を完成)、セブン-イレブン(2019年に沖縄県への出店をもって全国店舗網を完成)の3社である。

上記の3社は、日本全国に1万店舗以上を展開している「日本の3大コンビニチェーン」といわれる。

  • 全日食チェーン 加盟店が和歌山県以外の46都道府県にあるボランタリー・チェーンだが、掲げている看板が違うことがあり、展開していることに気が付かない場合がある。物流面のネックなどから大手コンビニチェーンが進出していない伊豆諸島にも加盟店(ただし後述のスーパーマーケット形式)が存在する[9]
    スーパーマーケットの形態をとる店舗が基本であるが、一部の地域(四国地区)の店舗では「ユートピア(UTOPIA)」ブランドでコンビニエンストア形式をとっている場合がある。
    • ユートピア(四国支社)
    • フードショップ
    • リカー&フーズなど

広域に展開するコンビニエンスストアチェーン[編集]

ここでは、全国規模の店舗展開に準じながらも、一部地域で出店がされていないチェーン店を挙げる。

地域限定型展開[編集]

鉄道系(直営、子会社、および大手コンビニとのフランチャイジーすべて)については当該項目でまとめて詳述する。

北海道中心[編集]

  • セイコーマート 茨城、埼玉でも展開
  • ハセガワストア
  • セラーズ 北海道酒類販売株式会社のグループであるプライムハンズが展開しているチェーン。酒のセラーと売るセラーが名前の由来。主に僻地で展開
  • パルム ヤシの木がシンボルマークのチェーン。札幌紋別浜佐呂間にそれぞれ1店舗あると思われる。かっては遠軽町にもあったが 営業不振からビックリッキーに変わる。それぞれ業者が違うのでフランチャイズ契約と思われる。[10]

東北地方中心[編集]

関東地方中心[編集]

中部地方中心[編集]

  • オレンジBOX
  • オレボステーション
  • サンミマート 静岡で展開
  • 清水フードチェーン清水商事) 新潟で展開
  • フジファミリーショップ 愛知で展開
  • コンビニタウン
  • ニュージョイス 近畿地方でも展開
  • ひまわり 主に岐阜県で展開

中国地方中心[編集]

四国地方中心[編集]

九州地方中心[編集]

鉄道会社系列[編集]

NewDays・東十条
アンスリー・淀屋橋

※現存するチェーンのみ。

JRグループ系[編集]

※北海道は北海道キヨスクの一部、四国は四国キヨスクがセブン-イレブンと業務提携を結んでフランチャイズ店舗を展開(北海道は2000年から10年間ほどは旧サンクス&アソシエイツ→サークルKサンクスのフランチャイズで、「サンクス」ブランドでの展開であった)。
九州はJR九州リテールが以前は自社ブランドの「生活列車」(後述)で展開していたが、1999年エーエム・ピーエムジャパンのエリアフランチャイズに転換→am/pmがファミリーマートへの統合に伴い、現在はすべてファミマのフランチャイズ店舗となっている。

私鉄・公営地下鉄系[編集]

その他のコンビニエンスストアチェーン[編集]

かつて存在したコンビニエンスストア[編集]

コンビニエンスストア「キャプテンハウス」店舗外観
南関東を中心に展開していた。ローソンと業務資本提携を結び、2018年までに全店舗(同5月現在)348店舗のうち、継続して営業する281店舗を順次、ローソンとのデュアルブランド「ローソン・スリーエフ」に転換、残り65店舗は閉鎖された。3つ目のブランドである「Gooz」3店舗のみ継続[14]
北関東南東北、千葉、新潟で展開していたが、2016年にローソンとメガフランチャイズ契約を締結、順次ローソンに転換し、2018年8月31日までに全セーブオン店舗は閉店した。
  • サンクス(ファミリーマートグループ、2018年11月30日までに全店閉店し、Family Martブランドに転換)
  • サークルK(ファミリーマートグループ、2018年11月30日までに全店閉店し、Family Martブランドに転換)

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 元々大規模コンビニエンスストア部門は子会社「(株)デイリーヤマザキ」が運営していたが、2013年7月1日に法人統合により山崎製パンの直営部門となった。
  2. ^ a b 元から「ヤマザキショップ」・「ヤマザキスペシャルパートナーショップ」と名乗るミニコンビニ形式の店舗は、デイリーヤマザキとの合併前から、山崎製パンの直営部門だったが、2013年7月1日の法人統合により、事実上デイリーヤマザキのサテライト店舗ブランドとなった。現在「デイリーヤマザキ」を出店していない都道府県のうち、沖縄県以外には「ヤマザキショップ」が存在する。なおヤマザキショップのうち、愛媛県伊予鉄道ICい〜カードが使用できる店舗(市駅店・古町店の2か所)は、「い〜ショップ」という名称になっていたが、現在はフランチャイジーをセブン-イレブンに変更している。
  3. ^ 元々は自社ブランド「SUBSTA・L-SUBSTA」だったが、2012年に一旦大阪メトロサービスの直営契約が終了したのち、同7月から2016年度まで北部エリアはポプラ、南部エリアはファミリーマート(エキファミ)とフランチャイズ提携を結んでいたが、2017年度からローソンのフランチャイズに転嫁した。

出典[編集]

  1. ^ 中国新聞朝刊2019年4月12日付1面
  2. ^ 中国新聞朝刊2019年4月12日付1面
  3. ^ 中国新聞朝刊2019年4月12日付1面
  4. ^ 中国新聞朝刊2019年4月12日付1面
  5. ^ 山崎製パン株式会社 第71期 有価証券報告書 p.15 - 山崎製パン。2019年6月7日閲覧。
  6. ^ 会社概要 - セコマ。2018年10月18日閲覧。
  7. ^ 店舗検索JR東日本リテールネット。2019年6月2日閲覧。
  8. ^ 会社概要 - 株式会社ポプラ。2018年10月18日閲覧。
  9. ^ なお、小笠原諸島は2019年3月現在、全日食チェーンを含めてコンビニエンスストアは存在していない。
  10. ^ かつて札幌市内に数店舗(木の花店、石山店、北49条店、八軒店)存在したが現在は平岡8条店のみ
  11. ^ アイSHOPホームページ
  12. ^ 松原寿一(2007)"菓子業界における菓子卸売業の再編の方向性"中央学院大学商経論叢(中央学院大学).22(1):63-75.(67ページより)
  13. ^ 東北地区新春特集 カメイ・山崎和男酒類食品部長に聞く日本食糧新聞 1994年1月14日)
  14. ^ サークルK・サンクス、18年夏に消滅 ファミマに統一(it madia ビジネスオンライン)