エリアリンク (コンビニエンスストア)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
株式会社エリアリンク
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
276-0028
千葉県八千代市勝田台北1-10-9
設立 1993年平成5年)12月15日
業種 小売業
事業内容 コンビニエンスストアのチェーン本部
代表者 市原保雄(代表取締役社長
資本金 4,800万円
外部リンク http://www.area-link.co.jp/
特記事項:2013年12月11日 破産手続開始決定
テンプレートを表示

エリアリンクとは、かつてボランタリーチェーン方式で展開していたコンビニエンスストアである。

概要[編集]

エリアリンクは1993年12月15日に設立され、1994年2月1日営業を開始した。1994年12月には僅か20店舗だったが、2002年には215店舗にまでなっている[1]

このコンビニの特徴として、営業時間・休日・運営などはオーナの判断に委ねられており、大手チェーンのフランチャイズに比べると月々の支払う料金も少ない[2]

1996年10月には、エリアリンクの他にコスモスジャパン・フレンドマートによって協議会が作られ[3]1998年4月キャフ商流センター株式会社(後のキャフリテールサポート)を自身が社長となり、東京都墨田区(後に千葉県八千代市)に設立した[4]

また1998年12月16日には、ワドー企画設計と提携してコンビニとドラッグストアを合わせた店舗を、ダイエー碑文谷店(現在のイオンスタイル碑文谷)隣に「メディ碑文谷」がオープンした[5]。その当時の一ヶ月平均の日販は32万~33万円であり、年間30店舗開店、3年後には100店舗開店を目標に掲げていた。[6]

その後も経営を行っていたが、2013年9月30日自身の経営するキャフリテールサポートは事業停止し[7]、エリアリンクのホームページにもアクセスができなくなった。そして同年12月11日東京地方裁判所により破産手続開始決定した[8]

歴史[編集]

  • 1993年12月 - 株式会社エリアリンク設立。
  • 1994年2月 - 店舗の営業開始。
  • 1996年10月 - エリアリンク・フレンドマート・コスモスジャパンの3社によって商品仕入れの協議会を作る。(後のキャフリテールサポート)
  • 1998年12月 - コンビニとドラッグストアをあわせた店舗「メディ碑文谷」がオープン。
  • 2013年12月 - 東京地方裁判所より破産手続き開始決定。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ エリアリンク 会社案内(2001年4月4日時点のアーカイブ
  2. ^ エリアリンク システム概要(2013年7月23日時点のアーカイブ
  3. ^ キャフ商流センター株式会社 沿革(2003年8月7日時点のアーカイブ
  4. ^ 株式会社キャフリテールサポート 沿革(2006年5月24日時点のアーカイブ
  5. ^ エリアリンクがドラッグ+CVSの新業態に取り組み 1998年8月26日 日本食糧新聞
  6. ^ エリアリンクの新業態コンビニドラッグ、3月から本格募集 1999年2月17日 日本食糧新聞
  7. ^ (株)キャフ・リテールサポートに関する一部報道について(お知らせ)福島県南酒販株式会社 2013年10月9日
  8. ^ “裁判所 平成25年(フ)第13203号”, 官報 (国立印刷局) 号外第283号: 23, (2013年12月26日) 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]