大津屋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
株式会社大津屋
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
918-8004
福井県福井市西木田1丁目20番17号
設立 1963年9月27日
業種 小売業
法人番号 3210001000636
事業内容 コンビニエンスストアなどの経営
惣菜品製造
代表者 小川明彦
資本金 5000万円
従業員数 25名
外部リンク http://www.orebo.jp/
テンプレートを表示

大津屋(おおつや)とは福井県を拠点にして、コンビニエンスストアオレンジBOXオレボステーション」を主に展開している会社である。

概要[編集]

1573年天正元年)に酒造メーカーとして創業し[1]、その後両替商酒類販売の事業に参入した[2]1930年に酒造は「旭酒造有限会社」(後に旭酒造株式会社)に譲渡し、1965年には酒税納付で福井税務署管内で首位を獲得したものの、11年後の1976年に廃業している[2]。一方大津屋は1963年9月27日に株式会社となった[2]。しかしながら酒屋としての将来性に疑問を持ち、1981年に「オレンジBOX」をオープン[1]。その後「オレボキッチン」、「オレボステーション」、「これがうまいんじゃ大津屋」を次々とオープンしている[1]

コンビニエンスストア事業[編集]

コンビニエンスストアを始める前は、酒屋で御用聞きを中心として小売を行っていたが、女性の社会進出と共に家庭にいる時間が減少した[3]。また、御用聞きでは一日の訪問数に限界が来て効率が悪かった[3]

そこで、酒類だけではなく食料品を販売し、夜にもお客様に来て頂けるように、これまでの酒屋から業務転換し福井県初のコンビニエンスストアをオープンした[3]。更にはCMも制作している[4]

その後、経営難の酒屋から店舗を購入し店舗数を順調に増やし[3]1986年には福井県初である24時間営業の「オレンジBOX がくえん店」がオープンした[4]

しかしながら80年代後半に突入すると、大手チェーンが福井県に進出し差別化が課題となった[3]。ある日、具無しの焼きそばを調理して販売した所、わずか30分で完売[3]。その成功からコンビニに調理場を設けて惣菜品を販売することを決意[3]1995年9月「オレンジBOX がくえん店」を・焼きたてパン等本格的店内調理をする店舗に改装[4]。結果は日商50万円から90万円に売上が上がり成功した[3]

大津屋で販売している惣菜の特徴としては、その日の食材に合わせた地元の食材を使い、社員自ら判断し販売を行っている[1]。その取り組みが評価され、農林水産省から2008年に「地産地消給食等メニューコンテスト」で農林水産省生産局長賞を受賞している[5]2011年6月23日には、売上高向上を狙って1グラム1円のランチバイキングを開始した[6]。100グラムからの量り売りで、店内や直営工場で作られた惣菜を20種類から40種類の範囲内で販売している[7]

惣菜品製造事業[編集]

2013年3月から「オフィスおかん」と業務提携し、職場で販売する惣菜の製造を行っている[8]レトルトにする際、通常とは違う加熱殺菌方法で、味を落とさずに長期保存が可能となっている[8]

沿革[編集]

  • 1573年 酒造「大津屋」創業
  • 1930年 酒造部門を「旭酒造有限会社」(後に旭酒造株式会社)に譲渡。大津屋は酒類販売専門となる。
  • 1963年 「株式会社大津屋」設立。
  • 1981年 オレンジBOX第一号店である「おおつや」オープン。
  • 1994年 オレボキッチン第一号店である「ベル」オープン。
  • 2000年 これがうまいんじゃ大津屋オープン。
  • 2004年 オレボステーション第一号店である「フェニックス」オープン。
  • 2008年「地産地消給食等メニューコンテスト」で農林水産省生産局長賞を受賞。
  • 2013年 オフィスおかんと業務提携し、惣菜の提供を開始。

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]