カーブス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

カーブス英語: Curves International)は、アメリカ合衆国テキサス州ウェーコに本社を置くフィットネスクラブフランチャイズチェーン。

1992年ゲイリー・ヘバン英語版とダイアン・ヘバン夫妻によってテキサス州ハーリンジェンで創立された。

欧米オセアニア地域など、世界約80カ国に展開している。店舗数は約4500店である。日本では株式会社ベンチャー・リンクの子会社の株式会社カーブスジャパンが2005年に設立され、経営を行っている。

2008年リーマン・ショック後に北米や欧州、オセアニア地域での業績が悪化したため、2012年からアメリカの投資ファンドの資本参加を受けてきたが、投資ファンドがカーブスへの投資から撤退することを表明[1]

2018年2月、株式会社コシダカホールディングスは子会社で日本でのフランチャイズ契約を結んでいた株式会社カーブスホールディングスを通じて、Curves International及び関連会社の株式をアメリカの投資ファンドなどから発行済み全株式を取得すると発表した。これにより、フランチャイジー(本家)へのロイヤルティーの支払いが不要になり、自社で海外展開をすることが可能になった[1][2]

2020年3月1日、親会社のコシダカホールディングスが子会社のカーブスホールディングスを資本関係のない独立した会社にする「スピンオフ」制度を活用し、カーブス事業を分離した。日本の企業で同制度を活用するのは今回のケースが初めてとなる[3][4]。翌2日、カーブスホールディングスは東京証券取引所第1部に新規上場した[5]

関連項目[編集]

以下のようにアメリカ合衆国のテレビアニメシリーズに、カーブスのパロディが登場する。

脚注[編集]

  1. ^ a b 日本の「カーブス」、米国の本家「カーブス」を買収し子会社に”. WWD JAPAN(2018年2月23日作成). 2020年1月27日閲覧。
  2. ^ コシダカHD、米フィットネス「カーブス」買収発表”. 日本経済新聞(2018年2月17日作成). 2020年1月26日閲覧。
  3. ^ 子会社株式の現物配当(株式分配型スピンオフ)及び特定子会社の異動に関するお知らせ”. 株式会社コシダカホールディングス(2019年10月10日作成). 2020年1月26日閲覧。
  4. ^ スピンオフ税制、初の適用 コシダカHD、傘下事業を分離上場”. 日本経済新聞(2019年10月10日作成). 2020年1月26日閲覧。
  5. ^ カーブスHD社長「予防分野でのナンバーワン企業に」”. 日本経済新聞(2020年3月2日作成). 2020年3月2日閲覧。

外部リンク[編集]