マイケル・ヨン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
マイケル・ヨン
(Michael Yon)
Michael Yon in Iraq cropped.JPG
生誕 Michael Phillip Yon
(1964-03-04) 1964年3月4日(53歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国フロリダ州ウィンターヘイブン
市民権 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
プロジェクト:人物伝

マイケル・ヨン1964年 - )は、アメリカフリーランスジャーナリスト写真家作家ブロガーコラムニスト写真家、戦場特派員。元グリーンベレー隊員 [1]

概略[編集]

アメリカ合衆国フロリダ州ウィンターヘイブン生まれ[2]1980年代初頭から1990年代初頭まで、グリーンベレーで活動。1990年後半から、フリーランスとして活動を開始。2004年にはイラク戦争に従軍記者(エムベッデッド英語版)として参加。自身のブログに掲載されたイラク戦争のレポートは勇敢で真実を伝えるものとして読者から高い評価を得る。またヨンは一貫して米軍の行動を支持をしているが、イラク発のニュースの伝え方に関しては軍広報官をしばしば批判している[1]

2005年5月、米軍将校が重傷を負ったイラク人の少女を抱きかかえる写真を撮影し、大きな話題となった。2008年に刊行した著書「Moment of Truth in Iraq(イラクの真実の時)」は全米ベストセラーを記録。同年8月には活動拠点をアフガニスタンに移し、大手メディア向け報道にあたった[3]。現在は軍事ライター、ジャーナリスト、写真家、ブロガーとして幅広い活動をしている[3]タイバンコク在住[4]

経歴[編集]

著書[編集]

  • Michael Yon (2000-05-01). Danger Close. Apple Pie Pub Llc. ISBN 978-0967512310. 
  • Michael Yon (2008-02-28). Moment of Truth in Iraq. Richard Vigilante Books. ISBN 978-0980076325. 

研究[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b 元グリーンベレー隊員「イラクでの従軍体験ブログ」が人気”. AP通信 (2006年2月8日). 2015年2月13日閲覧。
  2. ^ Iraq Blogger: Notes From Trenches” (2006年4月2日). 2015年2月24日閲覧。
  3. ^ a b 慰安婦問題で米国から異色の経歴の援軍登場”. 週刊文春Web (2014年11月6日). 2015年2月13日閲覧。
  4. ^ マイケル・ヨン、古森義久慰安婦問題はフィクションだ - 米国のジャーナリストが語る中国、韓国のウソ」、『月刊 VOICE(ヴォイス) 2015年02 月号』、PHP研究所2015年1月10日

外部リンク[編集]