岡野八代

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

岡野 八代(おかの やよ、1967年 - )は日本政治学者同志社大学教授。専門は、政治思想フェミニズム思想。

三重県松阪市出身。早稲田大学政治経済学部政治学科卒業。同大学院政治学研究科修士課程修了。藤原保信に師事。トロント大学大学院博士課程留学を経て、大阪市立大学大学院法学研究科博士課程退学。立命館大学法学部助教授・教授を経て、2010年から同志社大学大学院グローバル・スタディーズ研究科アメリカ研究クラスター教授。

著書[編集]

単著[編集]

  • 『法の政治学――法と正義とフェミニズム』(青土社, 2002年)
  • 『シティズンシップの政治学――国民・国家主義批判』(現代書館, 2003年/増補版, 白澤社, 2009年)
  • 『フェミニズムの政治学 ケアの倫理をグローバル社会へ』みすず書房、2012

編著[編集]

  • 『自由への問い(7)家族――新しい「親密圏」を求めて』、岩波書店, 2010
  • 『政治の発見(1)生きる――間で育まれる生』、風行社, 2010

共編著[編集]

訳書[編集]