猿田佐世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

猿田 佐世(さるた さよ、1977年2月28日[1] - 、女性)は日本の弁護士憲法行脚の会、「新外交イニシアティブ」代表。

人物[編集]

東京都出身で、1999年に早稲田大学法学部を卒業する。在学中から国際人権団体アムネスティ・インターナショナルで活動し、1999年に司法試験合格ののち司法修習第55期を経て第二東京弁護士会に属し、2009年に米国ニューヨーク州で弁護士登録する。2008年にコロンビア大学ロースクール法学修士号、2012年にアメリカン大学国際関係学部で国際政治・国際紛争解決学修士号をそれぞれ修得する。

刑務官の暴行により受刑者が死亡したとされる2001年の名古屋刑務所事件、退職教員が卒業式を妨害した2004年の板橋高校事件、それぞれの弁護団に加わる。多くのNGOに参加して2013年8月からシンクタンク「新外交イニシアティブ」の事務局長[2]を務め。アフガニスタン国際戦犯民衆法廷イラク国際戦犯民衆法廷などの民衆法廷に参加する。

日本国憲法の改正に反対で、2007年5月に公布された日本国憲法の改正手続に関する法律(国民投票法)の成立前から反対する活動をした。

ケヴィン・メアは、自身がアメリカ合衆国国務省東アジア・太平洋局日本部長から更迭される原因となった沖縄差別発言報道に、猿田が関与したと主張している[3]

米国の2016年度の国防予算を決める国防権限法案の審議中、普天間飛行場の移設先として「辺野古が唯一の選択肢である」とする条項の削除を求めて米議会でロビー活動を展開した。上下両院の意見は分かれたが条項なしで法案は通過した[4]

著作[編集]

単著[編集]

共著[編集]

テレビ出演[編集]

脚注[編集]

  1. ^ アトーニーズ・マガジン第55号:猿田佐世 株式会社C&Rリーガルエージェンシー
  2. ^ 週刊金曜日ニュース2013年1月29日
  3. ^ ケヴィン・メア『決断できない日本』文春新書、pp.67-74
  4. ^ 「市民の声 ワシントンに 沖縄基地、TPP…「拡声器」効果で日本政治の転換狙う」東京新聞 2016年1月31日
  5. ^ http://www.hrw.org/node/125013

外部リンク[編集]