牟田和恵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

牟田 和恵(むた かずえ、1956年12月20日 - )は、日本の社会学者大阪大学教授。専門は歴史社会学ジェンダー論。メインテーマは近代化とジェンダーポリティクスに関する研究であり、近現代日本の女性や家族に関する言説について数冊著している。

略歴[編集]

福岡県生まれ[1]1983年京都大学文学部社会学専攻卒。1987年同大学院博士課程退学。同年佐賀大学教養部講師。1989年助教授。1991年甲南女子大学文学部助教授。その後、ハーバード大学コロンビア大学に留学。2001年甲南女子大学人間科学部教授。2003年大阪大学人間科学研究科助教授。2004年教授。2009年-2010年、NPO法人ウィメンズアクションネットワーク(WAN)理事長。

主張[編集]

  • 選択的夫婦別姓制度に賛同する。選択的夫婦別姓制度導入への反対論について、現実の不便や苦労を感じなくても良い人々が制度変革の足を引っ張るのはおかしい、と批判する。夫婦が同姓となったのはたかだか100余年にすぎない、とも指摘する[2]

著作[編集]

単著
  • 『戦略としての家族―近代日本の国民国家形成と女性』(新曜社, 1996年
  • 『実践するフェミニズム』(岩波書店, 2001年)
  • 『ジェンダー家族を超えて―近現代の生/性の政治とフェミニズム』(新曜社, 2006年
  • 『部長、その恋愛はセクハラです!』集英社新書、2013 
共編著
訳書
  • J・ブレイスウエイト『企業犯罪 - アメリカ製薬会社における企業犯罪のケース・スタディ』井上真理子共訳(三一書房, 1992年
  • シーダ・スコッチポル『現代社会革命論 - 比較歴史社会学の理論と方法』監訳 中里英樹,大川清丈,田野大輔訳(岩波書店, 2001年)
  • ドゥルシラ・コーネル『女たちの絆』岡野八代共訳(みすず書房2005年
  • エヴァ・フェダー・キテイ『愛の労働あるいは依存とケアの正義論』岡野八代共監訳 白澤社 2010
  • エヴァ・フェダー・キテイ『ケアの倫理からはじめる正義論 支えあう平等』岡野八代共編著・訳 白澤社 2011

脚注[編集]

  1. ^ みすず書房
  2. ^ 「『夫婦同姓』合憲判決が示す“ザ・日本人” の家族観」、nippon.com、2016年3月3日。

外部リンク[編集]

先代:
(設立)
WAN理事長
初代: 2009年 - 2010年
次代:
中西豊子