姫岡とし子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

姫岡 とし子(ひめおか としこ、1950年8月30日[1] - )は日本歴史学者。専門は、ドイツ社会史、女性史。東京大学大学院人文社会系研究科・文学部教授。別名、住澤とし子

1973年奈良女子大学理学部化学科卒業。1980年フランクフルト大学歴史学部マギスター(修士課程)修了。84年奈良女子大学大学院人間文化研究科博士課程比較文化学専攻修了。1993年「近代ドイツの母性主義フェミニズム」で奈良女子大学文学博士。1988年立命館大学国際関係学部講師、91年助教授、95年国際関係学部教授、2005年筑波大学人文社会科学研究科歴史・人類学専攻教授を経て、2009年4月より現職。[2]

著書[編集]

単著[編集]

  • 『統一ドイツと女たち――家族・労働・ネットワーク』(時事通信社, 1992年)
  • 『近代ドイツの母性主義フェミニズム』(勁草書房, 1993年)
  • 『ジェンダー化する社会――労働とアイデンティティの日独比較史』(岩波書店, 2004年)
  • 『ヨーロッパの家族史』(山川出版社・世界史リブレット 2008年)

共著[編集]

共編著[編集]

訳書[編集]

  • クローディア・クーンズ『父の国の母たち――女を軸にナチズムを読む』(時事通信社, 1990年)
  • ジェフリー・ハーフ『保守革命とモダニズム――ワイマール・第三帝国のテクノロジー・文化・政治』(岩波書店, 1991年)
  • イレーネ・ハルダッハ=ピンケ, ゲルト・ハルダッハ編『ドイツ/子どもの社会史――1700-1900年の自伝による証言』(勁草書房, 1992年)
  • ダン・バルオン『沈黙という名の遺産――第三帝国の子どもたちと戦後責任』(時事通信社, 1993年)
  • オットー・ダン『ドイツ国民とナショナリズム――1770-1990』(名古屋大学出版会, 1999年)

[編集]

  1. ^ 『現代日本人名録』2002年
  2. ^ 東大文学部