落合恵美子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

落合 恵美子(おちあい えみこ、1958年1月15日 - )は、日本の社会学者京都大学教授家族社会学ジェンダー論、歴史社会学を専攻。

人物[編集]

東京都生まれ。『21世紀家族へ』ではフェミニズムイデオロギーを前面に出した抽象的理想論の趣が強かったが、『近代家族の曲がり角』以後、近代のみを問題にしがちな日本の社会学者の中で、徳川時代にさかのぼって研究する歴史社会学の手法をとる。徳川時代の宗門人別改帳歴史人口学的分析による「家」の実態解明、現代アジアにおける家族変動の比較社会学的調査研究にも携わる。

夫は同志社大学経済学部教授で数理神学提唱者の落合仁司

略歴[編集]

学歴[編集]

職歴[編集]

学外における役職[編集]

受賞歴[編集]

著書[編集]

単著[編集]

  • 『近代家族とフェミニズム』(勁草書房, 1989年)
  • 『21世紀家族へ 家族の戦後体制の見かた・超えかた』(有斐閣[有斐閣選書], 1994年/第3版・2004年)
    • のち英訳、The Japanese family system in transition : a sociological analysis of family change in postwar Japan, LTCB International Library Foundation, 1997
  • 『近代家族の曲がり角』(角川書店[角川叢書], 2000年)

共著[編集]

編著[編集]

  • 『徳川日本のライフコース 歴史人口学との対話』(ミネルヴァ書房, 2006年)
  • 『親密圏と公共圏の再編成:アジア近代からの問い』(京都大学学術出版会, 2013年)
  • 『徳川日本の家族と地域性 歴史人口学との対話』(ミネルヴァ書房, 2015年) 

共編著[編集]

  • 上野加代子)『21世紀アジア家族』(明石書店, 2006年)
  • 山根真理宮坂靖子)『アジアの家族とジェンダー』(勁草書房, 2007年)
  • 首藤明和小林一穂)『日中社会学叢書 グローバリゼーションと東アジア社会の新構想 分岐する現代中国家族』(明石書店 2008年)
  • 小島宏八木透)『シリーズ比較家族 3-5・シリーズ比較家族第3期 歴史人口学と比較家族史』(早稲田大学出版部, 2009年)
  • 赤枝香奈子)『アジア女性と親密性の労働』(京都大学学術出版会, 2012年)

論文[編集]

外部リンク[編集]