長谷川まゆ帆

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

長谷川 まゆ帆(はせがわ まゆほ、1957年3月2日 - )は、日本歴史人類学者、東京大学教授。 岐阜県出身。岐阜北高等学校1979年名古屋大学文学部西洋史卒、1981年、同大学院修士課程修了、1985年、博士課程中退。三重大学助教授、1994年、東大教養学部助教授、2007年、総合文化研究科准教授。2013年より同教授。フランス生活史などを研究。

著書[編集]

  • 『お産椅子への旅 ものと身体の歴史人類学』 岩波書店 2004年11月
  • 『女と男と子どもの近代』 山川出版社 2007年12月 (世界史リブレット)
  • 『さしのべる手 近代産科医の誕生とその時代』 岩波書店、2011年

翻訳[編集]

  • 『境界を生きた女たち ユダヤ商人グリックル、修道女受肉のマリ、博物画家メーリアン』 /ナタリー・Z.デーヴィス 北原恵,坂本宏共訳 平凡社 2001年9月 (テオリア叢書)

参考[編集]

  • 駒場2001