北村サヨ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
北村サヨ、1945年~1950年頃

北村サヨ(きたむら さよ、1900年1月1日 - 1967年12月28日)は、「踊る宗教」こと天照皇大神宮教教祖[1]山口県玖珂郡日積村(現柳井市日積)に出生[1]。21歳の時に結魂を契機に山口県熊毛郡田布施町の北村家に嫁ぐ。自民党議員の北村経夫は孫。

来歴[編集]

(「紀元」は教団が昭和21年から使用し始めた教団独自の年号)

  • 1900年1月1日朝、山口県玖珂郡日積村大里(現在の柳井市日積)の農家、浄土真宗門徒の浴本家四女として生まれる。
  • 1920年11月、山口県熊毛郡田布施町波野の北村清之進の家に嫁ぐ。
  • 1922年3月、長男の北村義人[若神様](のち、宗教法人天照皇大神宮教代表役員)を儲ける。
  • 1942年7月、北村家の離れで不審火があり、その原因究明のために、祈祷師を訪問したり丑の刻参りを実践したりし始める。
  • 1944年には、祈祷師から生き神になると告げられ、5月4日に憑依現象を体験する(のち、それが天照皇大神宮という神であることが判明する)。5月10日には「名妙法連結経」を唱える。
  • 1945年7月22日、北村家で初の説法を行う。
  • 1945年8月12日、宇宙絶対神が降臨し神の国建国の神託を受けた、と発表。
  • 1946年(紀元元年)1月1日、神の国の紀元元年を創始。
  • 1946年(紀元元年)2月10日、宇宙絶対神より「お祈りの詞」を授かった、と発表。
  • 1946年(紀元2年)1月11日、宗教法人天照皇大神宮教設立。
  • 1948年(紀元3年)9月、東京・数寄屋橋近くの数寄屋橋公園で無我の舞を行ない、世の注目を浴びる。月末には、神田共立講堂で歌説法による説法会を行う。
  • 1950年(紀元5年)2月、神の国の紀元節式典挙行。
  • 1952年(紀元7年)5月、前年のサンフランシスコ講和条約を受けて、ハワイへの進出を果たす。
  • 1967年(紀元22年)12月28日午後、本部道場敷地内の自宅にて死去。翌年、 1968年(紀元23年)1月1日、孫娘(北村義人の娘)北村清和[姫神様](1950年4月27日-2006年6月7日)を2代目教主とする。同2日、サヨ葬送。

エピソード[編集]

  • 太平洋戦争のことを本当の戦争とは認めず、神の国建国のための戦争はこれから始まるとしていた。
  • 同郷の岸信介巣鴨プリズンに収監された際、「10年以内に必ず内閣総理大臣になる」と予言しており[2]、実際に岸が首相になった後、そのことで両者が言葉を交わしたことがあったという。
  • 「神芝居(かみしばい)の女役座(おんなやくざ)」を自称していた。
  • サヨは「宗教で生活するな」「わしが金を持ってこいと言ったら離れろ」 と戒めていたといい、天照皇大神宮教も教えを伝える職業宗教家、即ち教団活動を生業(なりわい)とすることを禁止している。サヨも普段は北村家の田畑で野良仕事を行い、農婦として生活していたという。長男の義人([若神様]、宗教法人天照皇大神宮教の元代表役員)も山口県ふるさとづくり県民会議会長[3]、山口県公安委員会委員[4]、同委員長[5]など公職を歴任していた。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 北村サヨ きたむらさよ(1900―1967) 日本大百科全書
  2. ^ “なぜ、安倍総理は「神憑り」「霊能師」を信じるか”. プレジデントオンライン. (2015年5月4日). http://president.jp/articles/-/15088 2017年7月13日閲覧。 
  3. ^ 平成8年山口県ふるさと環境シンポジウム報告書1996年 自治総合センター 「大会当日次第●主催者あいさつ 自治大臣白川勝彦 山口県知事二井関成 山口県ふるさとづくり県民会議会長北村義人」とある。日本財団図書館
  4. ^ 平成10年9月定例会9月22日◎知事(二井関成君) 「公安委員会委員 北村義人氏は、来る十月十三日をもちまして、その任期が満了いたします。ここに、同氏の御在任中の御労苦に感謝をいたしますとともに、その御功績に対し、深く敬意を表するものであります。」とある。山口県議会 会議録検索システム 山口県
  5. ^ 平成10年2月定例会3月6日◎公安委員長(北村義人君)山口県議会 会議録検索システム 山口県

関連項目[編集]