涌井紀夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

涌井 紀夫(わくい のりお、1942年2月11日 - 2009年12月17日)は、日本裁判官最高裁判所判事2006年10月16日 - 2009年12月17日)を務めた。

略歴[編集]

下級審判事時代に係った判例[編集]

  • 東京高裁部総括時代
    • 東海第二原発設置許可取消訴訟 -- 原告敗訴
    • 弁護士思想調査事件 -- 請求認容
      • ただし、情報収集活動そのものは合法とし、所属団体が記載した資料を刑事裁判の証拠として提出したことのみ違法とした。

最高裁判所判事時代における判決の対応[編集]

大法廷判決に対する対応[編集]

  • 2005年9月11日において行われた衆議院議員総選挙の小選挙区の区割規定が憲法14条1項等に反していたか。多数意見(合憲)
  • 衆議院議員小選挙区選出議員選挙について候補者届出政党と無所属候補者に対する選挙運動の差異を設けることは憲法14条1項等に反するか。多数意見(合憲)
  • 国籍法3条1項は憲法14条1項に違反するか。多数意見(違憲・今井裁判官の補足意見に同調)

反対意見[編集]

なし

国民審査[編集]

2009年8月30日に行われた最高裁裁判官国民審査において、罷免すべきという投票が有効投票の7.73パーセント、517万6090票となり審査対象9人の中で罷免票が最も多い判事となった。ただし、有効投票の半数以上でないと罷免されないため、結果として信任された。

賞詞[編集]

関連事項[編集]


先代:
青山正明
福岡高等裁判所長官
2002年 - 2005年
次代:
龍岡資晃