大隅健一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
大隅 健一郎
人物情報
生誕 (1904-10-02) 1904年10月2日
日本の旗 日本 愛知県蒲郡市
死没 (1998-03-19) 1998年3月19日(93歳没)
国籍 日本の旗 日本
出身校
学問
活動地域 日本の旗 日本
研究分野 商法
研究機関 京都大学
学位 法学博士京都大学、1953年)(学位論文「株式会社法変遷論」)
称号 京都大学名誉教授
特筆すべき概念
  • 合併の現物出資説
  • 代理権の濫用における信義則説
主な業績 『商事法研究(上)』(有斐閣、1992年)
『商事法研究(下)』(有斐閣、1993年)
『株式会社法変遷論〔新版〕』(有斐閣、1987年)
主な受賞歴 1973年勲一等瑞宝章受章
1977年日本学士院会員
1985年文化功労者
1993年文化勲章
テンプレートを表示

大隅 健一郎(おおすみ けんいちろう、1904年10月2日 - 1998年3月19日[1])は、日本の商法学者[1]京都大学名誉教授[1]法学博士(京都大学、1953年)(学位論文「株式会社法変遷論」)最高裁判所裁判官[1]

愛知県蒲郡市出身[1]。1973年11月3日、勲一等瑞宝章受章[1]、1977年日本学士院会員、1985年文化功労者[1]、1993年文化勲章受章[1]

略歴[編集]

学説[編集]

合併の現物出資説、代理権の濫用における信義則説など。

著書[編集]

単著[編集]

  • 『企業合同法の研究』(弘文堂書房、1935年)[1]
    • 『企業合同法の研究 復刻版』(有斐閣、1989年)
  • 『会社法論』(巌松堂書店、1940年)[1]
  • 『財閥の機構とその解体 』(有斐閣、1946年)
  • 『商法総則〔新版〕』(有斐閣、1978年) - 法律学全集27
  • 『手形小切手法講義〔新版〕』(有斐閣、1989年)
  • 『商行為法』(青林書院新社、1958年) - 今なお商行為法分野に強い影響力を有する古典的体系書とされる[2]
  • 『商事法研究(下)』(有斐閣、1993年)
  • 『商事法研究(上)』(有斐閣、1992年)
  • 『株式会社法変遷論〔新版〕』(有斐閣、1987年)

共著[編集]

  • 『最新会社法概説[第6版]』(有斐閣、2004年) - 今井宏と共著。
  • 『新会社法概説[第2版]』(有斐閣、2010年) - 『最新会社法概説』をベースに今井、小林量が改訂。
  • 『商法概説(1)序論、総則、会社法[第7版]』(有斐閣、2001年) - 有斐閣双書、今井宏と共編
  • 『会社法論(上)[第3版]』(有斐閣、1991年) - 今井宏と共著
  • 『会社法論(中)[第3版]』(有斐閣、1992年) - 今井宏と共著
  • 『会社法論(下)II組織変更・合併、外国会社、罰則』(有斐閣、1991年) - 今井宏と共著
  • 『注釈手形小切手法〔増補版〕』(有斐閣、1964年) - 河本一郎と共著

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p 20世紀日本人名事典『大隅健一郎』 - コトバンク
  2. ^ 落合誠一・大塚龍児・山下友信『商法Ⅰ 総則・商行為法〔第4版〕』(有斐閣、2009年)310頁、森本滋編『商行為法講義〔第三版〕』(成文堂、2009年)初版はしがき