モヘリ島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
モヘリ島

 ムワリ島 (Mwali)
モヒーラ島 (Mohilla)
Île Autonome de Mohéli
モヘリ島の旗
Mwali in Comoros.svg
Moheli island map-general view-fr.svg
南緯12度15分 東経43度45分 / 南緯12.250度 東経43.750度 / -12.250; 43.750
コモロの旗 コモロ
首都 フォンボニ
行政
 • 種別 自治政府
 • 大統領 Mohamed Ali Said
面積
 • 合計 290km2
人口
2012年推計)
 • 合計 47,900人
 • 密度 170/km2
等時帯 UTC+3 (東アフリカ時間)
市外局番 +269
モヘリ島
Mohéli
Moheli island map-general view-fr.svg
モヘリ島全図
所在地 コモロの旗 コモロ
所在海域 インド洋
座標 南緯12度15分 東経43度45分 / 南緯12.250度 東経43.750度 / -12.250; 43.750
面積 290 km²
Project.svgプロジェクト 地形
テンプレートを表示

モヘリ島 (モヘリとう、Mohéli) 、別名ムワリ島 (Mwali) またはモヒーラ島 (Mohilla) はモザンビーク海峡にあるコモロ諸島の島の一つ。火山島。モヘリ島で一番高い山は標高790mのムツェ・ククレ山 (Koukoule) である。

この島はもともとアンジュアン島ヌズワニ・スルターン国に帰属していたが、1830年に分離してムワリ・スルターン国となり、1886年にフランス保護国となった。1909年にフランスに併合され、スルターン制が廃止された。

1975年グランドコモロ島(ンジャジジャ島)、アンジュアン島(ヌズワニ島)と共にコモロ(コモロ共和国)として独立。1997年にアンジュアン島と同様、コモロ・イスラム連邦共和国からの分離独立を宣言した。2002年にコモロ新憲法が採択され、コモロ連合への連邦再編と各島に独自の大統領自治政府を設置するなどの自治権拡大が盛り込まれたため、コモロに留まることとなった。

外部リンク[編集]