モヘリ島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
モヘリ島

 ムワリ島 (Mwali)
モヒーラ島 (Mohilla)
Île Autonome de Mohéli
モヘリ島の旗
Mwali in Comoros.svg
Moheli island map-general view-fr.svg
南緯12度15分 東経43度45分 / 南緯12.250度 東経43.750度 / -12.250; 43.750
コモロの旗 コモロ
首都 フォンボニ
行政
 • 種別 自治政府
 • 大統領 Mohamed Ali Said
面積
 • 合計 290km2
人口
2012年推計)
 • 合計 47,900人
等時帯 UTC+3 (東アフリカ時間)
市外局番 +269
モヘリ島
Mohéli
Moheli island map-general view-fr.svg
モヘリ島全図
所在地 コモロの旗 コモロ
所在海域 インド洋
座標 南緯12度15分 東経43度45分 / 南緯12.250度 東経43.750度 / -12.250; 43.750
面積 290 km²
Project.svgプロジェクト 地形
テンプレートを表示

モヘリ島 (モヘリとう、Mohéli) 、別名ムワリ島 (Mwali) またはモヒーラ島 (Mohilla) はモザンビーク海峡にあるコモロ諸島の島の一つ。人口47900人(2012年)。首府は北岸に位置するフォンボニである。

モヘリ島は火山島であり、最高峰は標高790mのムツェ・ククレ山 (Koukoule) である。コモロ3島のうちでは標高が最も低くなだらかな地形をしており、高地は森林に覆われており多くの河川が存在する[1]。降水量は多く、土壌は肥沃であり、また3島中もっとも開発が遅れていて人口密度が低いため、アンジュアン島やグランドコモロ島からモヘリ島への人口移動が活発に起きている[2]

この島はもともとアンジュアン島ヌズワニ・スルターン国に帰属していたが、1830年に分離してムワリ・スルターン国となり、1886年にフランス保護国となった。1909年にフランスに併合され、スルターン制が廃止された。1974年の独立に対する国民投票では独立賛成派が多数を占め[3]、これを受けて1975年グランドコモロ島(ンジャジジャ島)、アンジュアン島(ヌズワニ島)と共にコモロ(コモロ共和国)として独立。しかし独立後、首都モロニのあるグランドコモロ島の支配に対する不満が蓄積していき、コモロ政府の失政や経済停滞もあって、1996年にアンジュアン島と共に独立を宣言し、フランスに再植民地化を嘆願する状況となった[4]2001年にコモロ新憲法が採択され、コモロ連合への連邦再編と各島に独自の大統領自治政府を設置するなどの自治権拡大が盛り込まれたため、コモロに留まることとなった。またこのとき盛り込まれた連合大統領の3島輪番制によって、2011年にはモヘリ島からイキリル・ドイニン大統領が選出され、2016年まで務めた[5]

住民はコモロ人、日常語はコモロ語、宗教はイスラム教スンニ派がほとんどを占める。北岸のバンダル・エス・サラームには空港が存在する[6]

脚注[編集]

  1. ^ エルヴェ・シャニュー、アリ・ハリブ著 花渕馨也訳「コモロ諸島」白水社 2001年8月10日 ISBN 978-4560058428 p23-24
  2. ^ エルヴェ・シャニュー、アリ・ハリブ著 花渕馨也訳「コモロ諸島」白水社 2001年8月10日 ISBN 978-4560058428 p121-122
  3. ^ エルヴェ・シャニュー、アリ・ハリブ著、花渕馨也訳「コモロ諸島」白水社、2001年8月10日、ISBN 978-4560058428 p62
  4. ^ エルヴェ・シャニュー、アリ・ハリブ著 花渕馨也訳「コモロ諸島」白水社 2001年8月10日 ISBN 978-4560058428 p177-178
  5. ^ https://www.mofa.go.jp/mofaj/area/comoros/data.html 「コモロ基礎データ」日本国外務省 令和元年9月9日 2019年10月13日閲覧
  6. ^ エルヴェ・シャニュー、アリ・ハリブ著 花渕馨也訳「コモロ諸島」白水社 2001年8月10日 ISBN 978-4560058428 p23

外部リンク[編集]