フランス保護領チュニジア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
フランス保護領チュニジア
Protectorat français de Tunisie
الحماية الفرنسية في تونس
フサイン朝 1881年 - 1956年 チュニジア王国
チュニジアの国旗
国旗
チュニジアの位置
公用語 フランス語
首都 チュニス
国王ベイ
1956年 - 1957年 ムハンマド8世アル・アミーン
変遷
保護領成立 1881年
独立 1956年3月10日

フランス保護領チュニジア[1]フランス語: Protectorat français de Tunisieアラビア語: الحماية الفرنسية في تونسAl-Ḥimāyat al-Fransīyyat fī Tūnis)とは、フサイン朝チュニジア(チュニジア君侯国)の時代のうち、フランスの影響下にあった18811956年の時代を指す。

1705年に成立したフサイン朝は名目上オスマン帝国の一部であったが、実質的には、同時代のエジプトムハンマド・アリー朝と同じく、オスマン帝国の影響から独立した国家となっていた。

出典・脚注[編集]

  1. ^ フランス領チュニジアとも。

関連項目[編集]