フランス領トーゴランド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
フランス領トーゴランド
Togo français

1916年1960年


国旗

国歌
ラ・マルセイエーズ
我等の祖先の地
フランス領トーゴランドの位置
首都 ロメ
言語 フランス語(公用語)
エウェ語
カビエ語
テム語英語版
政府 委任統治領
信託統治領
自治政府
歴史・時代 20世紀
 •  占領 1914年8月27日
 •  トーゴランド分割 1916年12月27日
 •  委任統治 1922年7月20日
 •  自治政府に昇格 1955年
 •  独立 1960年4月27日

フランス領トーゴランド(フランス語:Togo français)は、フランス1916年1960年の間西アフリカに領有していた植民地。 1960年にトーゴとして独立した。

歴史[編集]

右がフランス領トーゴランド、左がイギリス領トーゴランド

1914年8月6日フランス軍はドイツ領トーゴラントアネホに上陸した。 8月8日、首都ロメを占領した[1]8月27日、ドイツ領トーゴラントはイギリスフランスに無条件降伏した。 ドイツ軍が戦闘でダムダム弾を用いた事、支配下に無い先住民を武装させた事が、ハーグ陸戦条約に違反した [1]

1916年、西部はイギリス領トーゴランドに、東部はフランス領トーゴランドに分割された。

1922年国際連盟委任統治領になった。 フランスは鉄道を延長し、ダホメアタクパメを首都ロメと結んだ[2]

第二次世界大戦後、信託統治領に変化したが、フランスの支配は続いた。

1955年フランス連合内の自治政府に昇格した。

1956年10月28日国民投票英語版が行われ、93%の国民が国連信託統治領ではなく、フランス連合内の自治政府を選んだ。 9月10日ニコラ・グルニツキーが自治政府初代首相になった。

1958年、国民投票の不正を理由に無監督の総選挙が行われ、シルバヌス・オリンピオが勝利した。

1960年4月27日トーゴ共和国として独立を果たした。

関連項目[編集]

脚注[編集]