トバゴ島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
トバゴ島
Tobago
トバゴの旗
地域の旗
地域の標語:Pulchrior Evenit
地域の歌:Forged from the Love of Liberty
トバゴの位置
公用語 英語
主都 スカボロー
最大の都市 スカボロー
政府
大統領 アンソニー・カルモナ
首相 キース・ロウリー英語版
トバゴ議会議長 ケルビン・チャールズ
面積
総計 300km2N/A[1]
水面積率 不明
人口
総計(2011年 60,874人(N/A[1]
人口密度 200人/km2
成立
発見 1498年8月4日
英直轄領 1803年6月30日
トリニダード島に編入 1889年4月6日
トリニダード・トバゴ共和国の一部として独立 1962年8月31日
自治法制定 1980年9月23日
通貨 トリニダード・トバゴ・ドル (TTD)
時間帯 UTC -4(DST:なし)
ISO 3166-1 TT-TOB
ccTLD .tt
国際電話番号 1 868
首府スカボローのパノラマ(2015年)

トバゴ島Tobago)はカリブ海小アンティル諸島ウィンドワード諸島にある、トリニダード島の北東の約34kmに位置する。トリニダード島と共にトリニダード・トバゴ共和国を結成している。自治権を持っており、独自の議会(トバゴ議会英語版)がある。面積はモルディブと同じ程度で、人口は6万人(2011年国勢調査[1])。

歴史[編集]

先住民のカリブ族が居定住していたトバゴ島は1498年クリストファー・コロンブスにより発見された。山がちなこの島は貿易風の通路にあたる事から航路において重要な位置にあったために、1626年から1802年の間にフランスイギリスオランダクールラント(現ラトビア)の間で31回も取り合いをしていたが1814年に正式にイギリス領となった。1889年にトリニダード島と共にイギリス領として統合された。1962年にトリニダード・トバゴ共和国として独立。1980年にトバゴ島は独自の国民議会を開催し、1987年に内政自治を獲得した。

政治[編集]

1987年に内政自治を獲得しているが、トバゴ島には分離独立の動きもあり、1977年トリニダード・トバゴの大統領だったアーサー・N・R・ロビンソンはトバゴ島の自治政府を始める為の運動を展開した。これを支持していた大学教授のウィンストン・マレーが12月31日トバゴ島出身の兵士ヒューバート・ハケットの助けを受け、同僚達と共にトバゴ島の分離派の旗を挙げ、ファーゴ・ハウス運動(Fargo House Movement)と言うトバゴ島の分離派政党を結成し、分離独立を訴えている発動を展開した。ファーゴ・ハウス運動の名前の由来はトバゴ島初の政治家A・P・T・ジェームズの別名"ファーゴ"の名から。

行政区画[編集]

トバゴ島の教区

トバゴ島は、7つの教区(Parish)に区分される。

地理[編集]

長細い山がちな火山島で島の中心から山脈があり、最高地点はピジョン・ピーク(576m)である。海岸はサンゴ礁に取り囲まれており、ヤシの木が立ち並ぶ美しい海岸である。セント・ジルズ島リトル・トバゴ島の小島がトバゴ島の近くにあり、リトル・トバゴ島では1909年ニューギニア島から持ち込まれたゴクラクチョウが繁殖している。

交通[編集]

経済[編集]

主産物はカカオコーヒー木材など、トバゴ島は観光産業が盛んでヤシの木に囲まれた白浜の美しいビーチが観光客を引き付ける。

住民[編集]

様々な人種がいるトリニダード島と違って、トバゴ島はネグロイド黒人が殆どを占める。 公用語は英語だが、トバゴ島独自のクレオール語英語も話す。

文化[編集]

スポーツでは、サッカーが盛ん。サッカートバゴ代表というトバゴ島独自の代表チームがある。

脚注[編集]

  1. ^ a b c Trinidad and Tobago 2011 Population and Housing Census Demographic Report (Report). Trinidad and Tobago Central Statistical Office. p. 26. http://www.tt.undp.org/content/dam/trinidad_tobago/docs/DemocraticGovernance/Publications/TandT_Demographic_Report_2011.pdf?download 2017年7月28日閲覧。. 

外部リンク[編集]