想夫恋 (雅楽)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

想夫恋(そうぶれん) とは雅楽の曲名。相府蓮想夫憐とも表記する。

唐楽に属する平調(ひょうぢょう)の曲で、現在は管絃によって奏される。本来の表記は相府蓮で、「丞相府の蓮」(じょうしょうふのはす/大臣の官邸の蓮)をあらわす。の大臣(丞相)である王倹の官邸のを歌った歌が原曲であったが、「相府」と「想夫」の音が通じることから後に、男性を慕う女性の恋情を歌う曲とされた。

日本では平家物語巻六の小督(こごう)の哀話に登場し、他にも能の「小督」や筑前今様(黒田節)など小督哀話を題材にした作品に登場する。(参照)