福岡風太

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

福岡 風太(ふくおか ふうた、1948年4月24日 - )は音楽プロデューサー舞台監督大阪府出身。大阪の春の野外コンサート「春一番」プロデューサー。

経歴[編集]

大学在学中の1970年に、ニューヨーク近郊での大規模な野外コンサート「ウッドストック・フェスティバル」の記録映画『ウッドストック/愛と平和と音楽の三日間』を見て感動[1]。1970年「大阪万博」関連の英語の通訳を担当して得た収入で同年4月「BE-IN LOVE-ROCK」(天王寺野外音楽堂)、8月「ロック合同葬儀」(大阪城公園・太陽の広場)、10月「感電祭」(京都円山音楽堂)を開催し、野外コンサート運営の経験を積む。[2]

1971年のゴールデンウィークに大阪・天王寺公園の野外音楽堂でスタートさせた「春一番」コンサートを、阿部登らとともに、フォークソングロックジャズなど、ジャンルにこだわらないコンサートとして育て上げ、イベント・プロデューサーの草分けとなる。

以後、「春一番」コンサートを通じて、音楽業界に人脈をつくり、様々なコンサートの制作、ステージマネージャーとして活動。

自らもミュージシャンとして、高田渡シバ山本コータロー友部正人中川イサトらが1971年の第3回全日本フォークジャンボリーで結成したジャグ・バンド「武蔵野タンポポ団」に参加。

1979年、名古屋移住後は、加藤登紀子岡林信康斉藤哲夫いとうたかお竹内まりやらソロミュージシャンのバッキングバンドのメンバーの一員として活動しながら、センチメンタル・シティ・ロマンスのマネージメントを担当[3]

1986年6月、バッキングバンドを離脱した後、大道具会社でステージ裏方としての修業修業を積み、1987年末、東京移住。裏方の仕事全体が見渡せるフリーの舞台監督として活動。ペギー葉山ジョニー吉長大塚まさじ金子マリ近藤房之助有山じゅんじ上田正樹&サウス・トゥ・サウス、加川良忌野清志郎 with Booker T.&MGs、マリーンザ・タイマーズ木村充揮BAND、中村あゆみゴーバンズ江口洋介大野えり北京一らのステージをサポートする[4]

1995年5月に「春一番」コンサートを復活。ソロミュージシャンのバッキングバンドのメンバー、ミュージシャンのマネージャー、裏方の舞台監督など、空白期間の仕事の経験と人脈は、その後の「春一番」コンサートに活かされることになる。

2006年5月、CDボックス『1972春一番』復刻版をプロデュース。

2006年7月からハンバート ハンバートのマネージメントを担当[5]

最近では、毎年の「春一番」コンサートの他、「高田渡生誕会 57」、新宿ロフトの「春二番」ライブなど、コンサート制作・舞台監督として活躍している。

参考文献[編集]

  • 「春一番復活」福岡風太 -雑誌『雲遊天下』第4号掲載(ビレッジプレス、1995年5月)
  • CDボックス『1972春一番』復刻版- 付録ブックレット(ブリッジ、2006年5月)
  • 「渡が死んだ日に“来年も春一をやろう”と俺は決めたんや」-福岡風太インタビュー(「祝春一番2006」『雲遊天下』増刊号、雲遊天下読者応援団+ビレッジプレス、2006年5月)

関連人物[編集]

[編集]

  1. ^ 「思い出シネマ ウッドストック」- 福岡風太インタビュー記事(「神戸新聞」2008年2月25日付)
  2. ^ 「悠春風春(ユーシュンフーシュン)」 - 福岡風太 「春二番」2006特集ページ参照
  3. ^ 「オレとおマエの春一番」- 福岡風太(祝春一番2009ウェブサイト内「春一番とは」所収 2007年)
  4. ^ 前掲「オレとおマエの春一番」- 福岡風太(祝春一番2009ウェブサイト内「春一番とは」所収 2007年)
  5. ^ 「福岡風太と喫茶〈ディラン〉の時代」- 井口啓子の西日本ロック紀行 No. 147 (OOPS コラム 2007年5月2日